今からでも遅くない!女性におすすめの医療・介護系資格3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

女性は結婚、出産のタイミングでこれまでの仕事をやめて、家庭に入るという人も少なくありません。

しかしながら一旦仕事をやめてしまうと、子育てが一段落し、再就職をしようと思った時に、なかなかできないのですね。その時に痛感するのが、何か資格があれば…ということなのです。

資格の中でも女性で特におすすめの資格が医療・介護系の資格です。これは学校に通って実習を受ける必要もあり、簡単ではありません。

しかし女性は家庭的なことも出来るし、繊細できめ細かな配慮が出来るというメリットを生かして働けることを考えると、何歳になってもおすすめな資格なのですね。

今回はそんな女性におすすめの医療・介護系の資格をご紹介します。

1、介護職員初任者研修の資格を取ろう

m015-330

以前はホームヘルパーと呼ばれていたこの資格ですが、資格の呼び名が変わり、研修内容も変わりました。

ヘルパーという呼び名のときは、ちょっと介護を手伝ってくれる人というイメージでしたが、介護職員という呼び名になり、より専門的になったのですね。

この資格を持っていると、介護施設や事業所、看護助手などでも就職があります。そのためにとっておきたい、初歩的な介護系の資格になります。

2、介護福祉士の資格を取ろう

m015-098

介護福祉士というのは国家資格の一つです。介護施設で働くには、必ず必要になる資格というわけではありませんが、介護の知識を持ち国家資格を有するものとしてその立場を確立することが出来ます。

この介護福祉士というのは国家資格なので、資格取得は難しいと思う人がいるのではないでしょうか。

しかし資格取得には二つの方法があります。そのうちの一つは、福祉系の高校や大学を卒業して、実務経験を積み、筆記試験に合格することで資格を得ることが出来ます。

これは学校に通わなくてはいけないということで、学費やその期間などのハードルが高いですよね。

もう一つの方法は、始めに紹介した介護職員初任者研修の資格を取り、介護施設に就職、その後3年間の実務経験を積んだ後に研修を受けて筆記試験を受けて合格することで資格を得ることが出来ます。

もちろん始めは無資格でも構いません。実務経験を重ねることが大切なのです。

この方法を選ぶと、研修に通う期間が少なく、子育てをしながらでも負担になりません。

また働きながら実務を積むことが出来るので、経済的にも負担になりませんね。また国家資格という強い資格を得ることが出来るので、人気の高い資格なのです。

高齢者がどんどん増えていく日本において、これからも需要の高い資格といえるでしょう。

3、准看護師の資格を取ろう

1d68e46a66847d957eb53968decbcef7_s

取りたいなと思ってもなかなかハードルが高いのが看護師の資格です。しかし看護師の資格にも准看護師と正看護師の資格があることはご存知でしょうか?

正看護師というと専門学校や大学に通って国家試験を受けて得られる資格です。

反対に准看護師は、准看護師の養成学校に2年間通い、都道府県の試験を受けて、合格すればなることが出来るのですね。合格率も高く比較的取得しやすい資格といえます。

また2年間は学校に通わなくてはいけませんが、正看護師に比べると期間は短いですし、看護師の資格が取れるのですから、これからの自分の再就職に有利な資格になるといえます。

また一度資格を取ったら更新はいりませんし、長く働きたいと思った場合には、非常に役に立つ資格の一つです。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone