40歳以上の子持ち女性の転職、お悩みと対処法4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

今までに一度は転職を考えたことのある人は多いと思いますが、女性で、子持ちでしかも40歳以上となるとなかなか考えるだけで実行する人は少ないのではないでしょうか。

そんな迷いや心配事が多い40代子持ちの転職事情について、ありがちな悩みと対処法をご紹介します。

1.転職は35歳まで?

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

ハローワークや求人情報誌などから年齢制限の表示はなくなりましたが、いまだに転職は35歳まで、という考えは残っているような気がします。

それは転職するなら若いうち、中途採用するなら若い人を、という時代があり、どうしても35歳を過ぎると不利になることが多かったからだと思います。

今は逆に若い年齢が減ってきて、いろいろな経験を積んだ即戦力を必要としている企業が増え、あまり年齢は関係ない時代だといえると思います。

よって、40代でもしっかりスキルや経験が積み上がっている人ならばチャンスはあると言えるでしょう。

2.女性の転職

1eff8abfff3999332e84f325ec03f43b_s

女性にはできないと思われていた仕事が減り、以前はあまり見られなかった職業に女性に就いているのを見かけるようになり、転職に男女はあまり関係なくなってきた気がします。

未婚・既婚関係なく、仕事がしたいと思う女性が増え、そのため転職を考える女性も増えたのではないでしょうか。

かたい頭の高齢男性と違い、女性はある程度柔軟性があり、転職先などで男性以上に即戦力となれることも多いです。自信を持って挑みましょう。

3.突然増える悩み

c7df9eccf7574310f2e1670a5b9badf1_s

転職に関して年齢や性別が気にならなくても、どうしても気になるのは子供がいるかどうか、かもしれません。

転職を考える女性は子供のためにも、と思う人が多いのに対して、実際子供がいても関係なく、スムーズに転職できる人は少ないのではないでしょうか。

それは、実際に転職を考えたとき、自分のことより子供のことで色々なことを考えないといけないからです。まずは保育園のこと。預ける先がなければ仕事はできないけれど、仕事が決まらないと預けられない、という矛盾する問題があります。

それから学校。自分の仕事に合わせて転校させることになるのは、子供には辛いことだと思います。そして、自分がやりたい仕事が時間が不規則だったり、残業が多かったりすると子供に悪い影響を与えることがあるかもしれません。

特に子供が小さいうちは具合が悪くなったりすることもあり、それに対応できるかも悩みのひとつです。

4.子供は親を見ています

baby-17327_960_720

いくら小さくても、小さいからこそ子供は親の気持ちを感じ取るものです。

親が、この子のせいで転職がうまくいかない、とか転職したばかりなのに子供のせいで休まないといけない、などの感情を抱くと必ず子供に伝わります。そして、親がイライラしたり落ち込んだりしていると子供も影響されます。

うまくいかないときでも子供のせいにせず、この子のためになら頑張れる、一緒にいてくれて良かったと思ってください。

そして分からなくても子供にたくさん話をしてください。やりたい仕事のこと、そのために頑張っていること、あなたと一緒なら頑張れるということ、そんな親の姿は必ず子供に伝わります。そして一緒に頑張っていこうと明るく前向きに考えてください。

もし転職がうまくいかなかったとしても、後悔の無いように精一杯やりきってみてください。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone