40代女性の転職でエージェントを利用する際のメリット・デメリット

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

転職をする際には、最近では派遣会社や転職サービスのエージェントを利用している人も多いですよね。

無料のところもありますが、有料な会社でも、求職者の希望に沿うような仕事を紹介してくれますので、自分で転職活動が出来ないような場合にはとても便利です。

また、求人件数も一時に比べると数も増えてきて、こんな良い条件のところが!と思うような会社でも、求人を出していることも結構多いです。

エージェントから良い会社を紹介してもらい、転職をする人も沢山いるようですよ。

しかし、転職をする際には、ちゃんとした職場を見つけないと、後で悔やむこともあります。

特に40代の女性の転職は、将来的なことも考えておかないと、キツイ立場におかれてしまう可能性もあるかも知れません。

1.40代の転職は資格の強みが無いとかなりしんどい

db062c795de769e13ce46001aa360328_s

最近では、若い人でも、一度社会人になってから、再び資格を取得するため、大学に編入したり、専門学校に通うことも多いですよね。

これは、仕事をする際にも有利になるためであり、理学療法士や看護師などは、資格が無いと仕事も出来ないため、改めて希望する仕事のために勉強するという人も多いのです。

10代、20代でも、資格は大事ととらえている人も沢山いるため、これが30代、40代になって、何も資格が無いと言う場合には、転職も厳しくなってしまいます。

また、資格が要らない仕事を紹介してもらうにしても、経理に長くたずさわっていたり、営業でトップクラスの成績で、課長職についていたなど、何かしら本人にプラス材料が無い場合には、やはり転職先も見つかりにくくなります。

エージェントを利用するとしてもこれは同じで、やはり企業の希望と転職者の希望のマッチングですから、いくらエージェントの腕が良くても、資格や強みがないと仕事を紹介したくてもできないということになります。

ただ、強みの発掘、という意味では役に立ってくれることもあります。過去の経歴を徹底的に洗い出して、強みになるものがないかエージェントに相談するのもよいでしょう。

2.資格やキャリアがある場合には40代でも有利に!

c14ddc073b876475a6bcdb4cfbc4cfc5_s

資格や強みがはっきりしている場合、エージェントが転職者により有利になる求人を探してくれたり、条件の交渉に携わってくれるのでかなりメリットがあります。

特に医療系の場合では、長くブランクがあったとしても、それでも来てほしいという職場もかなり多いです。

資格職以外でも、長く事務職などに携わっており、受発注なども慣れていて、帳簿なども楽々とこなせるような人ならば、40代でも正社員として迎えてくれる会社もあります。

それに、近頃では、復職するお母さんが増えたため、保育士の求人が多くなり、最初はパートやアルバイトから始めて、ゆくゆくは社員に・・・と言うような職場も多いでしょう。

保育士などの経験が無かったとしても、本人にやる気があるならば、スクールに通いながら保育補助として働き、資格を取得した時点で、社員にしてもらえるようなケースもあります。

このような優良な職場は、求人誌などに掲載されておらず、エージェントから紹介されることもありますので、興味のある分野の仕事は、アンテナを拡げておくことが大事です。

まとめ

アラフォーの転職はなかなか簡単なものではありません。

これは、20代や30代の女性も同じですが、特にアラフォー女性の場合には、独身ならば結婚する予定があるのか、既婚者ならば家庭や子育てはどうするのかなども問題になります。

それに、ずっと働き続けるとしても、経験が無いと一から教えることになりますので、会社もある程度は覚悟を決めて採用することになります。

そのため、40代の転職は、自分にプラスになる資格やキャリアを持って、在職中に行うほうがベストでしょう。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone