【カラーセラピストが贈るコラム第20回】反対の色「補色」の上手な使い方

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。

女性のための学びと癒しのサロン 癒しの空間~麗斗の部屋~代表。

色彩コーディネーター、カラー講師、カラーセラピストの麗斗(れと)です。
   
3月5日は、二十四節気の啓蟄。冬ごもりの虫が出てくるころで、春らしくなってきます。

春になると、街並みも明るい色になってきますよね。

第20回は、補色について
   

【1】補色とは

赤と緑の野菜
色相環の反対側に位置する色を補色と言います。
レッド⇔グリーン
ブルー⇔オレンジ
パープル⇔イエローなど、コントラストの強い配色です。
   
そして、補色には「物理補色」と「心理補色」があります。
   
・物理補色 色相環の向かいにある色、補色どうしを混ぜると無彩色となります。

光の場合は白になり、絵の具などの場合はグレーにになります(理論上は黒ですが、実際は真っ黒にはならず暗いグレーになります)。
   
・心理補色 有彩色をじっと見つめた後、白い紙などに視線を移すと、残像で補色が見えてきます。

例えば、レッドをじっと見つめてから白い紙に視線を移すとブルーグリーンが見えてきます。これが心理補色です。
   
実際に心理補色を使用している例は、手術着の色です。病院の手術着と言うとブルーグリーンですよね。

手術中は血の赤い色を長時間見続けるため、ブルーグリーンの残像が見えます。

そして視線を動かすとブルーグリーンの残像も一緒に動くため、大きなストレスとなります。

そのグリーンの残像を消すために、手術着には血の色と補色の関係の色、グリーンからブルーの色が使われるのです。
   
この補色残像は、実際にはない色なのですが、確かに感じる色です。

同じ色を見つめていると、視神経が疲れてくるために起こる現象です。

この心理補色を発見したのは、色相環の発見者でもあるゲーテです。
   

【2】お互いに引き立て合う関係

ピンクとグリーンの桜餅
補色は、お互いのカラーを引き立て合います。

補色対比と言って、より鮮やかに見えるようになります。

グリーンのサラダに真っ赤なトマト、マグロのお刺身に青じその葉など、見た目に綺麗でおいしそうに見えますよね。

私個人的には、桜餅のピンクと桜の葉の黄緑の補色にトキメキます(#^.^#)

食材だけでなく、食器で補色を取り入れるのもお洒落です。

(ブルーは食欲を減退させるカラーなので、ブルーの食器を使うと食べ過ぎを抑える効果がありますよ(^_-)-☆)
   
補色と似ていますが、反対色と言うともう少し広い範囲で使われます。

例えば、ブルーの補色は色相環の反対側の色オレンジですが、イエローはブルーの反対色になります。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」や「真珠の耳飾りの少女」は、ブルーとイエローの反対色が美しい絵画ですよね。

   
色相だけでなく、高彩度と低彩度、トーンのライトトーンとダークトーンも反対色の関係です。
   

【3】補色の効果と注意点

紫と黄色のパンジー
補色の関係は、鮮やかにお互いの色を引き立て合う効果があります。
   
引き立て合う補色ですが、イエローとパープルはくっつけて並べると見やすいのに、レッドとグリーンではハレーションを起こし見にくくなります。

明度が近い色をくっつけて並べると、色の境目がハレーションを起こし、ギラギラして見にくくなります。

この見えにくさは、白や黒などで間にワンクッション入れるようにするとおさまります。

ロゴなどに使う時には、メリハリをつけるためにも間に無彩色を挟むと良いですね。
   
ファッションで補色を使うと、メリハリが効いたお洒落な印象になります。

ただ、補色を同じ面積で使うとインパクトが大きすぎてしまう可能性があります。

   
補色の関係を上手に使って、春らしいお洒落を楽しんでくださいね。
   

ライター紹介

ライター紹介麗斗
女性のための学びと癒しのサロン 麗斗の部屋~代表 麗斗(Reto)
色彩コーディネーター
星読みカラーセラピスト・アストロロジー☆カラー(R)セラピー本部

カラーセラピスト、占い師、マジシャンの3つの顔を持つ異色のセラピスト。
占い師として十数年間の活動の中で、こちらからの「アドバイス」ではなく、「自分自身での気づき」の大切さを伝えたく、カラーセラピスト、色彩コーディネーターの資格を取得。
   

自宅サロンではセッションのほか、各種カラーセラピスト養成講座、占い師養成講座を開講しています。
講座内容など、詳しくはこちら
HP https://retonoheya.com/
星読みカラーセラピー、アストロロジー☆カラー(R)
HP https://harumipokkoro.wixsite.com/astrology-color
ブログはこちら
アメブロ https://ameblo.jp/reto-color/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone