【カラーセラピストが贈るコラム第7回】元気が出る夏のカラー「イエロー」の上手な使い方

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。女性のための学びと癒しのサロン 癒しの空間~麗斗の部屋~代表。色彩コーディネーター、カラー講師、カラーセラピストの麗斗(れと)です。

二十四節季の夏至を過ぎ、梅雨前線が北上中です。これから梅雨が明けると、夏本番となります。

夏は太陽がさんさんと降り注ぎ、活発に動きたい時ですよね。

第7回は、元気が出る夏のカラー、イエローについて。

【1】夏の代表・太陽とひまわりの色イエロー

女の子とひまわり

夏と言えば、暑い太陽!

そして夏を代表する花は、何と言ってもひまわりです。また、ひまわりは太陽の方を向く花として有名ですよね。

太陽とひまわりは、どちらもイエローの具体的な象徴物です。

イエローは、有彩色の中で最も明度が高い明るい色。第6回でお話ししたように、明度が高い色は軽い印象になります。

また、イエローは子供のように無邪気で好奇心旺盛なカラーです。

夏になると、家にいるより活発に動きたくなるのは、この軽やかなカラーが影響しています。

【2】太陽はイエロー?レッド?

木と太陽

日本人の私たちは、太陽と言えば、国旗の日の丸で代表されるようにレッドをイメージすると思います。

しかし、海外では太陽はイエローで表されることが多いのです。

確かに朝日や夕日は赤く見えますが、実際、煌々と照らしている昼間の太陽は赤くないですよね…(^^;)

白と言っても良いぐらいの明るい色です。

また、天文学でも太陽は恒星スペクトル型で「黄色い恒星」に分類されます。

太陽は科学的にもイエローとなります。

実は、太陽をレッドで表す日本人の方が世界では珍しいのです。

【3】太陽とひまわりの神話

ひまわり畑

ひまわりは、太陽の方を向く花として有名ですが、そこにはギリシャ神話の切ない話があります。

太陽神アポロンに恋をした水の妖精クリュティエ。

しかしアポロンには意中の女性がいたため、クリュティエの恋心は叶わぬ片思いでした。

それでもクリュティエは毎日、東から西の空へと駆け巡る、愛するアポロンを見つめ続け、その姿がひまわりとなったのでした。

その為、花言葉も「私はあなただけを見つめています」。

ギリシャ神話でのひまわりは、ちょっと切ない話ですね。

【4】イエローの心理的効果

ひよこ

第2回でお話ししたように、イエローは知識のインプットカラーですが、太陽系の中心、太陽の色であるイエローは、周囲を明るく照らす元気が出る色でもあります。

イエローには、明るい、陽気、幸福、ユーモア、個性、好奇心、などの意味があります。

イエローは膨張色で誘目性が高く、遠くからでも注意を引くカラーです。

注意を引く=注目を集める

「みんなと同じ」「みんなと一緒」ではなく、自分の個性を主張したい時に選ばれるカラーです。

また、淡いイエローは、ヒヨコなどのように優しく可愛らしいイメージとなります。

この様に、イエローは明るくフレンドリーな印象を与えます。

人前に立つ時や注目されたい時、ポジティブになりたい時には、ファッションにイエローを取り入れてください。

しかし、イエローは我儘さや自己主張が強すぎることもあります。

自己中心的な考えになったり、批判的になり過ぎたりした時は、鎮静色のブルーやグリーンを使って落ち着かせてくださいね。

この暑い夏、イエローを上手に使って人気者かつ、元気に明るく過ごしましょう。

ライター紹介

ライター紹介麗斗

女性のための学びと癒しのサロン 麗斗の部屋~代表 麗斗(Reto)

色彩コーディネーター
星読みカラーセラピスト・アストロロジー☆カラー(R)セラピー本部
カラーセラピスト、占い師、マジシャンの3つの顔を持つ異色のセラピスト。

占い師として十数年間の活動の中で、こちらからの「アドバイス」ではなく、「自分自身での気づき」の大切さを伝えたく、カラーセラピスト、色彩コーディネーターの資格を取得。
自宅サロンではセッションのほか、各種カラーセラピスト養成講座、占い師養成講座を開講しています。

講座内容など、詳しくはこちら
HP https://retonoheya.com/

ブログはこちら
アメブロ https://ameblo.jp/reto-color/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone