【カラーセラピストが贈るコラム第5回】藤や菖蒲の季節!紫色(バイオレット、パープル)の上手な使い方

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。女性のための学びと癒しのサロン 癒しの空間~麗斗の部屋~代表。

色彩コーディネーター、カラー講師、カラーセラピストの麗斗(れと)です。

桜の見ごろが終わり、菖蒲や藤の花が綺麗な季節になりましたね。

菖蒲や藤の花の色、紫(バイオレット、パープル)と言うと、どんなイメージがありますか?

第5回目は、紫色(バイオレット、パープル)について。

英語で紫色を表すバイオレット(violet)は、青系の紫。パープル(purple)は、赤系の紫を指します。

藤色はlight purple。菫はVioletと言ったりと、紫系は、花の色に多いですね。

紫は、虹の7色(赤橙黄緑青藍紫)の最後のカラーで、ひとが目に見える可視光線の中で最も波長が短い光です。

【1】複雑で神秘的なカラー

ガーベラ

紫(バイオレット、パープル)は、レッドとブルーを混色してできる色です。

交換神経に働きかけるレッドと、副交感神経に働きかけるブルーの混色。

男性性(レッド)と女性性(ブルー)、能動(レッド)と受動(ブルー)、情熱(レッド)と冷静(ブルー)

と言う、正反対な色の意味を併せ持ちます。

相反する意味を同時に併せ持つ、ミステリアスなカラーです。

鎮静色、重量色ですが、第3回のグリーンと同じように、温度感のない「中性色」です。

そのため、周囲の色との関係によってイメージ効果が変化します。

【2】高貴なカラー

菖蒲とこいのぼり

紫(バイオレット、パープル)は、洋の東西を問わず、古代ではとても希少性が高い色でした。

西洋ではプラプラ貝の腺から色素を採取し、日本では紫草の根から色素を採取して染めた色です。

とても貴重で高価な色だったため、地位の高い人物しか使用することができませんでした。

例えば、日本でも冠位十二階で紫は最高位。お坊さんの袈裟や神主さんの袴も、位が上がると紫になります。

地位の高い人しか使用できない色である事から、紫(バイオレット、パープル)には「高貴」「高価」「貴重」「希少」「特別」などの意味があります。

また、お寿司屋さんなどではお醤油を「むらさき」と呼びますよね。

この呼び方は江戸時代から使われるようになったようですが、当時、醤油は貴重な調味料だったので、その希少価値と色合いから「むらさき」と呼ぶようになったと言われます。

【3】紫色の心理的効果

藤の花

紫色(バイオレット、パープル)は上記のように、男性性と女性性、能動と受動、情熱と冷静など、相反することが合わさるので、どちらかに偏る事なくバランスを整えてくれるカラーです。

そして精神的な癒しの効果があります。

セラピストやヒーラーに好まれるカラーですね(因みに、私も大好きなカラーです)。

精神を集中させたい時には、インテリアに紫(バイオレット、パープル)を取り入れると効果的です。

寝具に薄い紫を使うと心地よい眠りになると言われます。

身体的な癒しにはグリーン。精神的な癒しには紫(バイオレット、パープル)と使い分けしてみてください♪

神秘性や理想の世界をイメージさせるカラーである紫(バイオレット、パープル)は、スピリチュアリティーを高めたい方にお勧めのカラーです。

物質性より精神性を高めたい時に効果的です。

但し、あまりにも地に足がついていないと浮世離れしてしてしまいますので、ご注意くださいね。

しかし、その浮世離れした発想を活かして、アーティスティックな才能を伸ばしたい時には、お勧めです。

ファッションに取り入れると、ミステリアスなイメージになります。上品さとセクシーさを併せ持つ魅力を表現できますよ。

ただ、紫(バイオレット、パープル)は、使い方を間違えると下品なイメージを持たれてしまいますので、あまり紫だらけにするのではなく、さりげなく紫(バイオレット、パープル)を使うことで、上品さと魅力をアピールしてくださいね。

ライター紹介

ライター紹介麗斗

女性のための学びと癒しのサロン 麗斗の部屋~代表 麗斗(Reto)

色彩コーディネーター
星読みカラーセラピスト・アストロロジー☆カラー(R)セラピー本部
カラーセラピスト、占い師、マジシャンの3つの顔を持つ異色のセラピスト。

占い師として十数年間の活動の中で、こちらからの「アドバイス」ではなく、「自分自身での気づき」の大切さを伝えたく、カラーセラピスト、色彩コーディネーターの資格を取得。

自宅サロンではセッションのほか、各種カラーセラピスト養成講座、占い師養成講座を開講しています。

講座内容など、詳しくはこちら
HP http://retonoheya.com/

ブログは、こちら
アメブロ http://ameblo.jp/reto-color/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone