【カラーセラピストが送るコラム第4回】春に知っておきたい「ピンク」の上手な使い方4つのポイント

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。女性のための学びと癒しのサロン 癒しの空間~麗斗の部屋~代表。

色彩コーディネーター、カラー講師、カラーセラピストの麗斗(れと)です。

春分の日も過ぎて、すっかり春らしくなりましたね。

桜前線も北上中。桜の季節です。

春になると、なんとなく気持ちが明るくワクワクしますよね。

春を代表する桜の花の色、ピンクも同じようなワクワク感があるカラーです。

第4回目は、春を象徴する色、ピンクについて。

【1】同じ桜でも桜色とチェリー色は違う⁉︎

さくらんぼ

赤と白を混色して作られるピンクは、女性に好まれる愛らしいカラーです。

桜色と言うと、桜の花弁の色である淡いピンク色をイメージしますよね。

同じように、桃色は桃の花の色で桜より少し濃いピンクをイメージする事でしょう。

桜は英語でcherry blossom、桃はpeachと言います。

実は、ここで間違えてはいけないのが、英語でのチェリー色は花弁の色ではなく、果皮の色。ピーチ色は果実の色を指します。

その為、チェリー色は濃い赤。ピーチ色は薄いオレンジ色となります。

私達日本人がイメージする桜色、桃色とはかなり違いがありますね。

【2】ピンクの心理的効果 アンチエイジング

女性の胸にハートマーク

ピンクは脳に働きかけて、女性ホルモンの分泌を促すカラーです。

血行も良くなり、美肌にも効果的。

心と身体を若返らせる効果のある、まさにアンチエイジングカラーです。

今の時期のような季節の変わり目、お肌の調子が良くないなどの時は、ぜひとも積極的に取り入れてくださいね。

ピンクを身につけるのが苦手な方には、「ピンク呼吸法」がオススメです。

ピンク呼吸法

(1)まず、目を閉じてピンク色をイメージします。
(2)その後、息を吐いてから、ピンク色の空気を吸い込むイメージをし、2-3秒間息を止めます。
その時に、身体の隅々までピンク色が浸透し、愛らしく美しくなっている事をイメージしてください。
(3)それから、毒素などの要らないものを吐き出すイメージで息を吐いてください。
(1)-(3)を3回繰り返します。

特別な道具も使わず、毎日繰り返すだけでアンチエイジングになるので、とても便利ですよ(^_−)−☆

【3】ピンクの心理的効果 愛と平和のカラー

ハートと手

絵でハートを描く時、ピンクで描くことが多くありませんか?

それもそのはず、ピンクは幸福感を増す効果のある、まさしく愛情と平和のカラーです。

ピンクには、興奮や攻撃的な感情を抑える効果があります。

海外の刑務所では、壁をピンクにすることで囚人の攻撃性や怒りを抑えることができるとの実証結果が出ています。

ピンクの愛と平和は、人間関係全般に効果的です。

上司や部下に対してイライラする、いつも怒りっぽいなど。

他人に対して、攻撃的だと感じる時は、ピンク色のものを身につけてください。

穏やかな気持ちになれますよ。

例)洋服、文房具、小物など

もちろん愛情の色ですので、デートの時にもオススメのカラーです!

【4】注意点

さくらとおさけと折り鶴

ピンクは女性が好む色ナンバーワンではありますが、同時に嫌われる色でもあります。

ピンクのネガティブなキーワード
媚びる、ぶりっ子、ワガママなど。

これらのネガティブワードに当てはまる女性から嫌な目にあわされたり、子どもの頃に親や周囲の人からの影響「ピンクは似合わないから着ない方が良い」と言われたり、反対に「女の子だから」とピンクを押し付けられた経験などが大きいようです。

儚さや弱々しさをイメージさせるカラーでもあるピンクは、積極性を出したい場合や、デキる女を表現したい時には、あまりオススメしません。

また、甘いものを美味しく感じてしまったり、自分を甘やかしてしまうカラーでもあるので、ダイエット中もオススメできません。

程よくピンクを使いこなしましょう。

いかがでしたか?

上手にピンクを使って、女性らしさや優しさを引き出してくださいね。

女性に限らず、男性もピンクをさり気なく使いこなして、お洒落を楽しんでください。

ライター紹介

ライター紹介麗斗

女性のための学びと癒しのサロン 麗斗の部屋~代表 麗斗(Reto)
色彩コーディネーター
星読みカラーセラピスト・アストロロジー☆カラー(R)セラピー本部

カラーセラピスト、占い師、マジシャンの3つの顔を持つ異色のセラピスト。

占い師として十数年間の活動の中で、こちらからの「アドバイス」ではなく、「自分自身での気づき」の大切さを伝えたく、カラーセラピスト、色彩コーディネーターの資格を取得。

自宅サロンではセッションのほか、各種カラーセラピスト養成講座、占い師養成講座を開講しています。

講座内容など、詳しくはこちら
HP http://retonoheya.com/

星読みカラーセラピー、アストロロジー☆カラー(R)ホームページはこちら
https://harumipokkoro.wixsite.com/astrology-color

ブログはこちら
アメブロ http://ameblo.jp/reto-color/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone