1歳の女の子へのプレゼントに迷ったら!選ぶ時のポイント3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

1歳くらいの幼児の成長は千差万別です。

1歳になると、徐々に歩き始める子も出てくる一方、まだハイハイのお子さんもいます。歩かないまでもハイハイのスピードが上がったり、物に掴り立ちしたりという成長も見られます。

発する言葉は、なんとなく意味のある単語をしゃべり始めたり。歯も数本生えている子もいるでしょう。

もし、聞けるのであれば、欲しい物のリクエストを聞いてみるのも良いでしょう。すでに持っている物、もらう予定のある物は避けたいですよね。

また、収納や部屋のスペースの関係もあるので、リクエストされた物でない限りあまり大きな物をいきなりプレゼントするのは相手を困惑させてしまいます。

そんな点に注意して、喜ばれるプレゼントを選ぶためのポイントをご紹介します。

1.安全なおもちゃを

間違いなく急速な成長期!ではありますが、まだまだケガや誤飲の危険には要注意です!

プレゼントした物でケガをしてしまったとなっては、せっかくのプレゼントも苦い思い出になってしまいますので、安全第一を考える必要もあります。

もちろん玩具会社でも安全面には配慮しています。誤飲防止のために小さい部品は使用していなかったり、ぶつけても大怪我をしないように角を丸く作ってあったり、など工夫をしています。

だから、その点においては月齢表示に合わせたおもちゃであれば一応安心かと思います。赤ちゃん向けおもちゃは月齢が必ずと言っていいほど書いているので注意してみてみましょう。

ただ、アレルギーについては人それぞれです。

花粉症や喘息など器官が弱いお子さんの場合には「ぬいぐるみ」や「布製おもちゃ」は配慮が必要です。親がマメにケアしなくてはいけないということを念頭に置いておきましょう。

2.脳の発達に良い影響を

人間の脳の神経は2歳までに6割ができるそうです。1歳頃は脳の成長期でもあるわけです。遊びの中で五感を刺激することで、脳の成長に良い影響を与えることができます。

五感と言っても、「味覚」や「嗅覚」が体感できるおもちゃはあまりありませんが、「触覚」、「聴覚」、「視覚」はいっぱい刺激することができます。手先を使うおもちゃ、多種の音が出るおもちゃ、多種の色が認識できるおもちゃがおすすめです。

いわゆる「知育玩具」がこれを強く意識した仕様になっているはずです。

3.その他

その他、本をプレゼントに選ぶ方も多いでしょう。本は親が子に読み聞かせることで、親と子の大切な時間にもなります。

読み聞かせは将来的に子供の国語力にも良い影響があるそうです。本は言語の力に加え、想像力が膨らむのも嬉しい影響です。仕掛けのある本(飛び出す絵本やしかけ絵本)なども喜ばれます。

もし、服や靴などをプレゼントする際は少し大きめの物が良いでしょう。子供の成長は著しく、すぐにサイズが変わってしまいまうためです。

いずれにしても相手の身になって、喜ばれるプレゼントを選びたいものです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone