【クラフト講師が贈るコラム第2回目】フレンチメモボードって何?フレンチメモボードの基礎知識5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。さいたま市を拠点に活動をしていますGAUDENTE(ガウデンテ)のNAOです。

コラムを通して『クラフト』という多方面の角度からおススメしたいアイテムの魅力をお伝えさせていただいています。

物作りが好きな方、不器用だけど興味はある方にトライしてみようかなと思ってもらえるような内容をお伝えしていきたいと思いますので、お付き合いいただけると嬉しいです。

さて、2回目は『フレンチメモボード』

ギフトとしても最近人気があり、お部屋に一枚あるととってもお洒落になるインテリアツールです。どんなものなのか、どんな楽しみ方があるのかをご紹介していきたいと思います。

1.フレンチメモボードとは?

メモボード・紫&レース

日本ではまだあまり知られていませんが アメリカではポピュラーなインテリアツール。

写真やポストカード、メモなどを画鋲を使わなくても簡単に飾ることができ、お部屋のアクセントとしてだけではなく家族やお友達とのコミュニケーションツールとしても活用できる多機能でスタイリッシュなインテリア雑貨です。

2.カルトナージュとは違うの?

メモボード・水玉ピンク&リボン

カルトナージュは組み立てた厚紙に好きな布や紙を貼って作るフランスの伝統的な手芸です。厚紙とボンドを使うのがカルトナージュの特徴です。

カルトナージュの作品の中に『ペルメル』というものがあります。

用途としてはフレンチメモボードと同じなのですが、形がオーバル型だったりと様々で淵どりをしたり額に入れたりして高級感のある感じに仕上げられることが多いです。

一方でフレンチメモボードは木材やタッカー、金づちを使って作ります。

ペルメルがアメリカに渡り変化したものとも言われていますが、フレンチメモボードはDIY的な要素も楽しむことが出来ます。

3.フレンチメモボードの楽しみ方

メモボード・紫と白・縞模様

お部屋のテイストに合わせたボードを飾ることでそれぞれの楽しみ方も出来るフレンチメモボード。

たとえば、リビングなら家族旅行の思い出の写真。オフィスならさっとメモを差し替えることが出来るので掲示板代わりにも使うことが出来ます。

画鋲を使う必要がないので、子供達にも簡単に取り扱えるのも魅力の一つです。

我が家でも主人や子供達は大事な手紙やお気に入りのショップカードやポストカードを飾り、キッチンには小さめなボードを冷蔵庫に引っ掛けてお買い物メモなどを差し替えて使っています。

メモボード・赤・黒リボン

フックの付いているタイプのボードなら、玄関などで必要なものをさっとお洒落に下げておくことも可能です。

出産祝いや、新築祝いなど記念日の贈り物にメッセージカードをボードに添えてプレゼントというのも新鮮で喜ばれることでしょう。

4.組み合わせは無限!手作りする楽しさ

メモボードを作成する女性

タッカーという大きなホチキスはDIY女子じゃなければ使う機会も少ない工具。

ホームセンターで簡単に手に入れることが可能で、使い方もとっても簡単です。

家具を組み立てる訳ではないので、製作工程はとってもシンプルなので慣れてくると短時間で製作できるようになります。

お裁縫が苦手な方でも楽しく作れるところも個人的にはおススメです。

観葉植物とフレンチメモボードのインテリア

そして、種類が豊富な布を使うというだけでもデザインパターンは無限なのですが、リボンとボタンを使用して作りますので、より自分好みのボードを作ることが出来るのも魅力の一つ。

プリント生地でラブリーに、アンティーク調の生地でシックに、エスニック柄でアジアンテイストに、などなど様々なテイストで作ることが可能です。

5.まとめ

memo5

現在、日本で唯一の協会を立ち上げフレンチメモボードの普及活動をしている日本メモボード協会の阿久津会長。

海外ドラマのセットでよくボードが登場しているのが気になっていたそうで、ネット検索して名前は分かったものの日本では当時まだ販売もなかったそうです。

そしてたまたま訪れた旅行先の雑貨屋で「フレンチメモボード」を見つけ、日本に持ち帰り試作を繰り返したのち、だれでも同じように美しく仕上げることが出来るフレンチメモボードのレシピを開発されて商品の販売をする傍ら、協会を設立。

神奈川、東京、栃木、埼玉に続々と認定講師が誕生しフレンチメモボードの可愛さが広がっています。

私もその魅力にハマった一人。

何枚でも作りたくなる、友達にプレゼントしたくなるフレンチメモボード。

是非お近くの教室やイベントで製作体験してみてください。

日本メモボード協会のホームページはこちら

次回は【プリザーブドフラワー】の魅力についてお伝えしていきたいと思います。

水やり不要で魔法のお花と言われることもあるお花。長く楽しむコツなどもお伝えしていきますのでお楽しみに。

ライター情報

ライター情報NAO

フラワースタイリスト
お子様連れで通えるプリザーブドフラワー教室GAUDENTE(ガウデンテ)主宰
中道奈緒

二人目を出産後に、プリザーブドフラワーに出会い子供連れでスクールに通い講師免許を取得。さいたま市の自宅を拠点に「作って楽しい、もらって嬉しい」をコンセプトに小さなお子様を持つママでも通いやすい少人数制のアットホームな教室を展開中。

マタニティフォトをより美しくニューボーンフォトをさらに可愛くするアイテム“マタニティフラワーサッシュ”のレッスンや販売、撮影先との提携も行っており、日本メモボード協会認定教室としてフレンチメモボードの普及にも努めている。

◇教室BLOG:http://ameblo.jp/gaudente75
◇FaceBookページ:https://www.facebook.com/gaudente75/?ref=hl
◇Instagram:https://www.instagram.com/gaudente_nao/

*最新イベント出展情報はこちら

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone