【クラフト講師が贈るコラム第1回目】インスタ映えで話題!ハーバリウム5つの魅力

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

はじめまして。さいたま市を拠点に活動をしていますGAUDENTE(ガウデンテ)のNAOです。

この度、コラムを通して『クラフト』という多方面の角度からおススメしたいアイテムの魅力をお伝えさせていただくことになりました。

物作りが好きな方、不器用だけど興味はある方にトライしてみようかなと思ってもらえるような内容をお伝えしていきたいと思いますので、お付き合いいただけると嬉しいです。

さて、記念すべき1回目は最近メディアでも多く取り上げられ、SNSでも見ない日はないほど人気の“ハーバリウム”の魅力についてお伝えしていきたいと思います!

1.ハーバリウムとは?

ハーバリウムボトル4本

“ハーバリウム”とは「植物標本」を表す言葉です。

特殊な液体をプリザーブドフラワーやドライフラワーと一緒にボトリングすることで、鮮やかな色と瑞々しい美しさを長く楽しむことができるインテリアツールとして人気があります。

2.何故人気?

ハーバリウム製作工程

見た目の可愛さがダントツの理由ではありますが、使用される液体にも秘密が。現在は様々なメーカーからオイルが販売されていますが、ミネラルオイルとシリコンオイルに分かれます。

どちらのオイルも光の屈折率にこだわって作られているものが多く、ボトルの中の植物がガラスに封じ込められたかのようにひときわ明るく美しい透明感を楽しむことが出来るのです。

シンプルに花材を入れたものでも、色を混ぜたようなデザインのものでも光に照射されたときのハーバリウムはとても綺麗で写真映えもすることからインスタグラムなどで一気に拡散されていきました。

また、ネットショップなどでオイルや瓶を購入することが出来るようになったことで好きな花材を使って自宅でも楽しめる手軽さも人気の理由となっています。

3.注意点を守れば自分で作る事も可能!

ハーバリウム製作工程(黄色)

材料さえ揃える事が出来れば、自宅で楽しむことが出来るハーバリウムですが特に注意しなくてはいけないのは「カビ」です。

お洒落な空き瓶などでも製作することが出来ますが、残留物をきれいに洗浄し、完全に乾燥をさせることが大切です。容器の中に水分が残ったままオイルを入れてしまうとカビや藻が発生する場合があるので気を付けましょう。

4.おススメの花材&NG花材

ハーバリウム材料

どんなお花でもボトリング出来たら素敵なのですが、水分という点から生花は使用出来ません。また自家製のドライフラワーも注意が必要です。しっかり乾燥させたものを使用しましょう。

おススメの花材ですが、液体の中で色が濃く映るので色がはっきりしているものの方が綺麗です。濃い緑は黒っぽくみえたりするので、ピンク、ブルー、イエローなど明るい色がおススメです。

多くの花材はオイルを注ぐと浮いてきますので、カスミ草など先端が広がっているような花材を瓶の幅でカットしジグザグに引っ掛かりを作るように入れてみたり、液を注ぐ→花材を入れる→液を注ぐのを繰り返したりすると綺麗に仕上がりやすいです。

ちなみに、植物標本と表現はされていますが液自体にお花を保存する効果はありませんので、そのままの状態を楽しむことが出来る期間は約1年程度と言われています。

またプリザーブドフラワー自体特殊な着色料で人工的に着色されているので、着色料の種類によってはオイルに色が溶け出る場合もあります。気になる方は少量のオイルで様子を見てくださいね。

5.ハーバリウムは進化中!

ハーバリウムボトル

ボトルの中でよりお花をより楽しむテクニックも続々SNSで見かけるようになりました。こんなふうに空間でお花が浮いているようにアレンジするのも素敵ですよね。

また、火を灯すことが出来るハーバリウムや香りを楽しむハーバリウム、LEDライトを使って人工的な光の反射を楽しむことのできるアイテムなども登場しています。これからどんな種類のハーバリウムが誕生していくかも楽しみですね。

まとめ

さて、ハーバリウムの魅力をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

商品として売られているものを購入して楽しむことも出来ますが、イベントのワークショップやレッスンを行っているサロンも多いので、一度制作体験をしてみると作るコツなども分かり、色んな種類で自分好みのハーバリウムを作ってみたくなると思います。

例えばこれからの季節でしたらクリスマスをイメージして作ってみるのも楽しいですよ。

インスタグラムで「#ハーバリウム」で検索してみると沢山の個性豊かな作品を見ることが出来るので目の保養にもおススメです。

バーバリウムの2本のボトル(緑・青)

次回は【フレンチメモボード】の魅力についてお伝えしていきたいと思います。

ギフトにも最近人気があり、お部屋に一枚あるととってもお洒落になるインテリアツールです。お楽しみに!

ライター情報

ライター情報NAO

フラワースタイリスト
お子様連れで通えるプリザーブドフラワー教室GAUDENTE(ガウデンテ)主宰
中道奈緒

二人目を出産後に、プリザーブドフラワーに出会い子供連れでスクールに通い講師免許を取得。さいたま市の自宅を拠点に「作って楽しい、もらって嬉しい」をコンセプトに小さなお子様を持つママでも通いやすい少人数制のアットホームな教室を展開中。

マタニティフォトをより美しくニューボーンフォトをさらに可愛くするアイテム“マタニティフラワーサッシュ”のレッスンや販売、撮影先との提携も行っており、日本メモボード協会認定教室としてフレンチメモボードの普及にも努めている。

◇教室BLOG:http://ameblo.jp/gaudente75
◇FaceBookページ:https://www.facebook.com/gaudente75/?ref=hl
◇Instagram:https://www.instagram.com/gaudente_nao/

ハーバリウムレッスン詳細はこちら
最新イベント出展情報

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone