【海外ライフの専門家が贈るコラム第7回】NYのお洗濯事情

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

海外生活・バイリンガル子育ての助っ人姉さん、NY La Vie代表・グローバルライフコーチのマックギネス美和です。

飛行機に乗ればほとんどの国に行けます。でも…。

NYで生活するって、どんな感じなの?
お買い物はどこでするの?
テレビはやっぱり全部英語なのかな?

観光地を訪れるだけではわからない「普通のこと」気になりますね。

国際結婚・海外ワーママ、ロンドン・NY海外生活かれこれ20年。アジア・ヨーロッパ・アメリカ訪れた国は20か国以上。思えば遠くへきたもんだ。

世界三大都市、ロンドン、ニューヨーク、そして東京で一生懸命&地道に働きながら子育てしてるライフコーチがお届けする、飛行機に乗らない・ビザのいらない「海外どこでもドア」通信。知ってみたいなよその国。

NY・ロンドンの海外生活事情雑感。

ところ変われば…という言葉があるように。私たちが「普通」に思っていることも、実は「普通」じゃないことが多々あります。

洗濯機がない!

コインランドリーイメージ
NYに来てびっくりしたことの一つに。アパートの外も部屋の中も、どこを探しても、ないもの。

洗濯機。

NYの人はいったい、どうやって洗濯しているんだろう?

Wash and Fold 洗濯・乾燥して、たたんでくれるサービス

洗濯サービス

ニューヨーカーの多くが利用している、Wash and hold service(お洗濯サービス)。ドライクリーニング、お直し、サービスもしています。
 
利用法はいたって簡単。

お店の名前と電話番号が書いてある大きな専用の洗濯袋(Laundry bag)をもらいその袋に洗濯物を入れて、とりにきてもらう。Free Pick Up and Delivery(引き取り・配達無料)。もちろん、持ち込みもOK

重さに応じて料金を支払います。銀行引き落としも可能。

ランドリーバッグ
お店専用の洗濯袋

乾燥機にかけたくないものは、その旨メモを付けておくとそれなりに戻ってきますが、うっかりメモを忘れると、大変なことになります。

ドライクリーニングと洗濯はしっかり分かるように仕分けして渡すのがコツ。

戻ってくる洗濯物は、みごとに四角になってぎゅーっと圧縮されて戻ってきます。全てがぺったんこ。
返却された洗濯物
ぎゅっと圧縮された洗濯物。かなりぺったんこ。

共同ランドリールーム

マンハッタンのアパートには、住民専用の大型洗濯機と大型乾燥機が何台も並ぶ共同ランドリールームが設置されています。

プリペイドカードでその都度支払い。

住民全員が使うので、時間帯によっては大混雑、他人の洗濯が終わるのを待たなければいけません。最近はアプリと連携して、どの洗濯機が空いてるか携帯から確認できるようになりました。

ランドリールーム

洗濯が終わったのに取りに来ない人もいるので、次に使いたい人はランドリールーム備え付けのかごに出して自分が使います。そうしなさいって言われてるわけじゃないけど、やはり人として、複数の洗濯器からの洗濯ものを混ぜたりはしない不文律が存在。

最初は色んな人と一緒に使うことに抵抗があったけど、慣れるとかなりラクです。洗濯機を数個同時に使えるので、色物、白物、大きなシーツの洗濯が一度で済むので、ありがたい限り。

さらに。

ランドリールームで居合わせた人たちとのふれあいやおしゃべりも楽しみの一つ。英会話教室では味わえない「本当の生の英会話」が体験できます。ランドリールームに来る人懐っこい「ニューヨーカーウォッチング」も面白い。

ラテン語や中国語やどこの国の言葉がわからない言語がとびかう。
どこかの国の言葉でしゃべりまくってると思いきや、いきなり英語で会話を続けるおばちゃんたち。
英語の訛りが強ぎて聞き取れないけど、いつも必ず話しかけてくる人。
いきなり人生語っちゃうお年寄り。(古今東西、同じかな?)
床にねっころがって遊んでる子ども。
南国の島出身の人のお国自慢。
洗濯物をたたみながら、ベビーカーの赤ちゃんをあやすおじさん。

ランドリールームはある意味NYの縮図かも。
ニューヨークの縮図

【おまけ】マンション住まい。

アメリカの旗Apartment (アパートメント)My apartment is in Manhattan.

イギリスの旗Flat (フラット) My flat is in London.

★ちなみにマンション(Mansion)は、アメリカ・イギリスとも豪邸。日本でマンション住まいと言うと、とんでもないお金持ちだと思われます(^^)

ライター紹介

ライター紹介・マックギネス栗田美和

マックギネス 栗田 美和(NY La Vie代表)

.NPO法人マザーズコーチ・ジャパン認定コーチ
.ウエルビーイング心理教育アカデミー心理教育ナビゲーター・ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター

海外生活20年。現在NY在住、ライフコーチ。ロンドン・東京・NYの国際金融機関でグローバルビジネス歴20年のキャリアを持つ。

自身の経験から学んだ「英語が喋れることがグローバルじゃない」というメッセージをNYから発信。

抱えている問題や現状をポジティブ心理学的視点で科学的に分析、人との関わりや自分の内面の在り方を対話を通して見つめるコーチングスタイルで、ビジネスマインドを持ちながら子育てをする女性たちの横のつながりを支え、国際社会に必要な「違いを認める勇気」「自分で考える力」「自分の言葉で伝える力」の育成に力を注いでいる。

女性のキャリア形成、海外子育てサポートに関する講演会・ワークショップをNYを拠点に展開。海外生活応援・お役立ち情報発信NY La Vie代表。

ブログ:本日もニューヨークなり
http://ameblo.jp/bromton35/

Facebook:ニューヨーク子育てClub
https://www.facebook.com/NewYorkKosodateClub/

HP:NY La Vie
http://www.nylavie.com/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone