【海外ライフの専門家が贈るコラム第6回】みんな違ってみんな同じ。International Fair インターナショナル祭

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

海外生活・バイリンガル子育ての助っ人さん、NY La Vie代表・グローバルライフコーチのマックギネス美和です。

飛行機に乗ればほとんどの国に行けます。でも…。
外国の子どもたちはどんな遊びをしているの?
どんなお菓子があるんだろう?
民族衣装はどんな時に着るの?

観光地を訪れるだけではわからない「普通のこと」気になりますね。

国際結婚・海外ワーママ・ロンドン・NY海外生活かれこれ20年。アジア・ヨーロッパ・アメリカ訪れた国は20か国以上。思えば遠くへきたもんだ。

世界三大都市、ロンドン、ニューヨーク、そして東京で一生懸命&地道に働きながら子育てしてるライフコーチがお届けする、飛行機に乗らない・ビザのいらない「海外どこでもドア」通信。知ってみたいなよその国。NY・ロンドンの海外生活事情雑感。

人種のるつぼと言あれるニューヨーク。学校も然り。

子どもたちの人種がバラバラなのは普段は気にならないけど、やっぱりみんな気になる「よその国」。

そんな子供たちの興味を満たしてくれるのが、各学校で行われる International Fair(インターナショナル祭)。

今回はその気になるNYの学校のインターナショナル祭についてお届けします。

リアルな世界地図

インターナショナル祭2

International Fair(インターナショナル祭)は生徒たちによる「私の国紹介」。自分の家族のルーツを子どもたちが思い思いの形で展示・紹介していきます。

生徒主体で保護者・先生は手助けのみ、保護者のものすごくがんばって仕切る、それぞれの学校によって違います。

地図上でしか見たことない沢山の国々の食べ物や民族衣装に触れるとても良い機会です。

子どもたちの一生懸命な説明を聞いていると、すでに旅行で来ている気分になるから不思議です。

地図の上だけの国が突然身近になるのもInternational Fairならでは。普段見ることのない子どもたちの自分のルーツへの深い思いを垣間見ることもできます。

気になる外国ですが、その国の料理を食べたことがある、知り合いがいる、ちょっとでも共通点があるといきなり親近感、距離が縮まりますね。

知ってみたいなよその国。飛行機に乗らなくてもプチ旅行気分になれる、International Fairは大人も子どももとても楽しみにしている、学校のお祭りの一つです。

Japan Table

インターナショナル祭4

はい、もちろんJapan Table 担当しました。

日本語を学んでいる生徒さんたちが、日本滞在の時に買ったお土産や自分で調べて作った展示を並べるお手伝いの傍ら、浴衣の着つけもしてあげます。

嬉しそうに浴衣を着て友達同士で写真を携帯で撮りまくる姿がかわいらしいです。

「昔の遊び」というテーマのけん玉と羽つきコーナー。けん玉は人気でなかなか次の人に譲らない子が先生に注意されてました。どこでも同じですね。

書道コーナーは、日ごろの勉強の成果を見せる絶好のチャンス。「じゃっく」「きゃろらいん」「りんだ」、とても丁寧なひらがなで筆ペンで書いていきます。

折り紙コーナーで簡単折り紙体験。折り紙担当の生徒さんは自宅で沢山の折鶴を折ってきて、「Origami for you(折り紙をどうぞ)」と配っていました。

生け花コーナーでは簡単生け花体験、作ったお花はお土産。お茶道具、書道の筆、飾り雛などでテーブルを飾りました。

生け花と書道は師範の方のご協力を得てデモンストレーション。各分野の一流の方が、きさくに来てくれるのもマンハッタンならでは。

自分の国の文化や伝統に興味をもってもらい、体験してもらうとなんとも言えず誇らしい気持ちになります。

「ありがとう」「こんにちは」ふざけて日本語をしゃべるのもご愛敬。

一生懸命がんばってけん玉ができた時の嬉しそうな顔。古今東西、遊びに夢中になる子どもの表情は同じですね。

お国自慢

インターナショナル祭1

各国のテーブルではそれぞれ凝った展示と紹介で盛り上がります。

伝統料理の紹介では料理にまつわる家族のエピソードや、由来、経験を子どもたちが一生懸命説明してくれます。

トルコ、ジャマイカ、ロシア、イタリア、フランス、イギリス、アイルランド、フィンランド、日本、スイス・・・。

説明している時の子どもたちのちょっとはにかんだような、それでいてとっても自分の国を自慢に思っているという表情が、気持ちを明るくさせてくれます。

色々質問すると、それはそれは熱心に説明をしてくれますが、答えがわからないと急にもじもじ。「今度お母さんやおじいちゃんに聞いてきます、アメリカ生まれなのでわかりません。」なんて正直な答えも。

自分の家族の国のことをしっかり理解して、説明しようとする気持ちが嬉しいですね。

International Fairはそんな子供たちの純粋な思いがあふれる学校のお祭りです。

まとめ

インターナショナル祭3

みんな違ってみんな同じ。それぞれの文化、習慣、食べ物が違っていても家族で仲良く自分のルーツを大切にする気持ち、自分の国に興味を持ってくれると嬉しい気持ち、同じですね。

日本で外国から来た方に出会ったら、日本のことを紹介する前にその方の国のことを聞いてみてあげてください。とても喜ぶと思います。

言葉の壁はあるかもしれないけれど、笑顔は同じ。嬉しい気持ちを共有すれば、もっともっと世界中の沢山の人が仲良しになれるかな。

おまけ:アメリカ英語とイギリス英語 往復切符

アメリカの旗How much is a round-trip ticket from NY to Tokyo?

イギリスの旗How much is a return ticket from NY to Tokyo?

ご案内

日本からでもNYのクラスや個別相談をオンラインで受けることができます。

日本午前10時・NY夜9時、日本夜10時・NY朝9時を目安に時間調整。ネット上ではなかなか得られない、現地の声を直接聞く機会です。

お問い合わせ:info@nylavie.com

☆Zoomクラス☆
「強みを活かした子育てクラス」マザーズコーチ体験講座・養成講座

☆Zoom個別相談☆
海外生活、海外勤務・子育てを経験してきたマザーズコーチが相談に応じます。どんな小さなことでもいいのです。聴いてくれる人がいるという安心した思いをNYから届けます。

☆Zoomグループ交流会☆
海外に興味がある、バイリンガル子育て、仕事の両立など、共通したテーマで日米意見交換の場を提供します。

ライター紹介

ライター紹介・マックギネス栗田美和

マックギネス 栗田 美和(NY La Vie代表)

.NPO法人マザーズコーチ・ジャパン認定コーチ
.ウエルビーイング心理教育アカデミー心理教育ナビゲーター・ニューヨークライフバランス研究所ファシリテーター

海外生活20年。現在NY在住、ライフコーチ。ロンドン・東京・NYの国際金融機関でグローバルビジネス歴20年のキャリアを持つ。

自身の経験から学んだ「英語が喋れることがグローバルじゃない」というメッセージをNYから発信。

抱えている問題や現状をポジティブ心理学的視点で科学的に分析、人との関わりや自分の内面の在り方を対話を通して見つめるコーチングスタイルで、ビジネスマインドを持ちながら子育てをする女性たちの横のつながりを支え、国際社会に必要な「違いを認める勇気」「自分で考える力」「自分の言葉で伝える力」の育成に力を注いでいる。

女性のキャリア形成、海外子育てサポートに関する講演会・ワークショップをNYを拠点に展開。海外生活応援・お役立ち情報発信NY La Vie代表。

ブログ:本日もニューヨークなり
http://ameblo.jp/bromton35/

Facebook:ニューヨーク子育てClub
https://www.facebook.com/NewYorkKosodateClub/

HP:NY La Vie
http://www.nylavie.com/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone