【お花の専門家が贈るコラム第1回】花をもらったらどうすればいい?お花の上手な飾り方2パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。(株)花美人~hanabito~代表の示帆(みほ)と申します。

「花のある暮らし応援します」をモットーに、フラワーアレンジメントの講師・華道池坊教授をしながら、多角的にお花の魅力を伝える活動をしております。

ここで連載させていただくコラムでは、花の魅力はもちろん、お花のあるライフスタイルについて執筆させていただきます。

さて、連載第1回目の今回は、お花初心者にありがちなお悩み、「花束(生花)をいただいたけど、どうやって飾ればいいの?どうやって楽しめば良いの?」ということです。

そんなお花の上手な飾り方について、お花のプロの観点からご紹介させていただきたいと思います。 

【パターン1】初心者向けお花の飾り方

渡邉さん2

1.ラッピングペーパーを外す

ラッピングペーパーが綺麗だからといってそのまま飾られる方が多いのですが、これは外すのがベターです。

2、束ねてある輪ゴム・ひもなどは全て外しましょう

形が崩れるからといってそのままのかたが多いですが、これは全て外してください。この時水に触れる部分に葉がついていないか確認しましょう。

余分な葉が水に触れると腐敗が早いため、水に触れている部分の葉は取り除いてください。

3、切り口をカット

水につける前に、切り口を2~3㎝斜めカットましょう。これは新しい切り口からたっぷり水を吸うようにするためです。

カットができたら花を入れる器にたっぷり水を入れて飾ってくださいね。自分が外出から戻り、衣服を外し湯船にザブーンとつかる感じをイメージしましょう。お花も気持ちいいはずですよ。

【パターン2】上級者向けお花の飾り方

aaa11

ここからのポイントは上級者向けです。このポイントを押さえれば、いただいた花を自分のライフスタイルに合わせた飾り方ができますよ。

1.お気に入りの小瓶数個に分けて

花束は色合いなどが整えてあるので、バラバラに飾ったり、小瓶に分けてそれを固めて飾っても絵になりますよ。

お気に入りの小瓶をたくさん作ってみてくださいね。

2.バスケットや紙袋を利用する

お花は花瓶に入れるものだと思い込んでいませんか?

お気に入りのバッグに入れてそこに花が入っているように飾ると、いつもと雰囲気がかわって味わい深くなりますよ。

鉢カバーや子供の長靴でも絵になります。さあ、周りを見渡してみましょう。意外なものがお花にマッチするかもしれません。

3.アレンジメントにチャレンジ!

剣山や吸水性スポンジに差し替えてオリジナルアレンジメントにすると個性がだせます。

ゆくゆくドライフラワーになるものを分けておくのも良いですね。ドライフラワーにしたい花は浅めのお水で楽しむのがおすすめです。

まとめ

bouquet-1246848_1280

さて、初心者向けと上級者向けにお花の飾り方や楽しみ方を紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

お花の暮らしに1本でもお花があるとお部屋が明るくなり生活を豊かにしてくれます。お花を飾るとお片付け上手にもなりますよ。ぜひお花を生活に取り入れてみてくださいね。

ライター紹介

mihosan

示帆(みほ)のプロフィールはこちら
http://hana-bito.com/aboutus.aspx#link3

示帆(みほ)のフラワーアレンジメントレッスンはこちら
http://hana-bito.com/10008.aspx

示帆(みほ)の池坊生け花レッスンはこちら
http://hana-bito.com/10122.aspx

第64回「町田華道協会展」のご案内 :山本示帆 展示
2017年5月20日(土)~21日(日)・町田市文化交流センター6F
10:00~18:00(最終日17:00)  
町田市原町田4-1-14プラザ町田

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone