【海外ライフ】一生の思い出!カナダでのワーキングホリデーでの思い出ベスト3!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

カナダで一年間ワーキングホリデーをしていました。たくさんの思い出を作ることができたワーキングホリデーはかけがえのないものです。思い出ベスト3を発表します!

【ベスト3】旅行

niagara-falls-347273_1280

カナダでのワーキングホリデー中、たくさん旅行へ行くことができました。カナダのトロントに住んでいたのですが、トロントは他都市への交通網が発達しており簡単に旅することができました。

ナイアガラの滝

バスで2時間弱で行けます。

ワーキングホリデー中、3回行きました!冬場に見た凍った滝はとても幻想的でした。

モントリオール&ケベック

カナダの東部にあるこの2つの都市へは夜行バスで行きました。フランス語圏でもあり、同じカナダであるトロントとは違った魅力がありました。

ケベックの旧市街は石畳の町並みでとてもかわいく絵本の中のようでした。

ニューヨーク

飛行機で3時間ほどです。夜行バスで行くこともでき、格安なので留学生に人気でした。世界一の大都会を実際に訪れることができて刺激になりました。

今では閉鎖されている有名なチェルシーホテルに泊まることができました。ベーグルやチーズケーキなどニューヨークらしい食べ物を食べたりブロードウェイも初めて観劇してとても楽しかったです。

ロックフェラーセンターから見た空の色は一生忘れません!

ヨーロッパ

日本へ帰国するときに、ヨーロッパ経由で帰国しました。

フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダと観光名所をたくさん周り一生の思い出ができました。

【ベスト2】語学学校での思い出

students-702089_1280

最初の2ヶ月語学学校に通いました。英語の勉強にはもちろん役立ちましたし、何より語学学校での出会いがワーキングホリデーでの良いスタートを切る手助けになってくれました。

カナダについてすぐホームシックになったのですが、語学学校で徐々に友達ができてホームシックを克服することができました。

一人ぼっちでカナダへ行き、1ヶ月後にはたくさんの友達に囲まれていたのは語学学校へ通ったお陰です。日本人や韓国人、メキシコ人、ロシア人など色々な国の友達ができて本当に楽しかったです。

【ベスト1】レストランで働いたこと

waiter-492872_1280

カナダでのワーキングホリデーで一番の思い出は、現地のレストランでバッサーとして働けたことです。バッサーとは、注文を取らないサーバーのような仕事です。

お客さんを席に案内したりテーブルセットをしたり配膳したり、ホールで常に動き回る大変な仕事でした。日本人のスタッフは何人かいるものの英語環境で働くのは最初はメニューを覚えるのすら大変でした。

しかし一緒に働くスタッフが皆優しく大らかで、とても楽しく働かせてもらえました。仕事中も冗談を言い合ったり、仕事が終わった後に飲みに行ったりと本当に良い職場に巡り会えました。

以上、ワーキングホリデーでの思い出ベスト3でした!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone