【妊活】リラックスタイムに何飲もう?妊活中におすすめのお茶3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

妊活中には少しでも体に良いものを取りたいと思って、気を付けるママも多いですね。普段は、何気なくお茶を飲んでいても、そのお茶の種類によってはカフェインが入っていることも…。

これから授かる赤ちゃんのためにお茶を変えよう!変えるなら少しでも妊活中に体にいいものを!と思う人も多いはず。そんなママにおすすめのお茶をご紹介します。

・タンポポ茶

妊活前はコーヒーが好きで一日何杯も飲んでいたけれど、妊活中で我慢しているという人もいるのではないでしょうか。でもやっぱりコーヒーって飲みたくなりますよね、おいしいですから。そこでタンポポ茶をご紹介します。

タンポポの根は乾燥させて焙煎すると、コーヒーのような味わいになるのです。商品名として売っているものは、タンポポ茶とタンポポコーヒー。タンポポ茶は普通のお茶と同じように飲むことが出来ます。

タンポポコーヒーは始めからミルクがブレンドされているのでお湯を注ぐだけでコーヒーとして飲むことが出来る優れもの。カフェインが入っていないので、安心して飲むことが出来ます。

もともとタンポポは薬草で、血行を良くしてくれる成分含まれています。そのため妊活中の冷えを予防してくれるのです。また血行が良くなると母乳の出がよくなるので、産後にもおすすめ。

私は妊活中から、このタンポポ茶を安飲していました。ノンカフェインで安心ですし、リラックスをする効果もあります。私はタンポポ茶を飲んで完全母乳育児を実行することが出来ました。

また子供が寝た後のリラックスタイムにタンポポ茶を飲むのが楽しみで仕方がなかったなあ…。

・ルイボスティー

ダイエットで注目を浴びるルイボスティーですが、実は、妊活中の方にもよいといわれているのです。ルイボスティーの効果は、私たちの体の活性酸素を除去してくれるということにあります。

活性酸素を除去するということは、私たちの卵子の酸化を守ってくれるということ。そのため質の良い卵子を維持することが出来るのですね。

また男性の精子も酸化から守ることが出来ます。そのために夫婦二人で摂取したいお茶の一つなのです。

酸化を防ぐということは、私たちの血管の若さを保ってくれます。そのため、血行もよくなり、体の冷えを予防、そして子宮や卵巣など重要な臓器の血行もよくしてくれるので、生殖機能が向上するし、待望の妊娠への期待が持てるのです。

・ローズヒップティー

afd0a2c7159947fc1fe14794f100dd59_s

なんだか飲むと気分がゴージャスになる感じがするローズヒップティー。それはイギリスのハイティーをイメージさせるからでしょうか。

ローズヒップティーのおすすめのポイントは、ビタミンCやカルシウムが含まれているということ。またルイボスティーと同様、抗酸化作用の強いお茶です。そのために妊活中の卵子の質の維持に役に立ちます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone