大人の女性への第一歩!30代前半の女性へおすすめランジェリー

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

年齢とともに人それぞれ、似合うものも好みも変わってきます。そしてそれは見えるファッションの部分だけでなく、見えない内側のランジェリーにも同じことが言えます。

では30代前半の女性へのおすすめランジェリーとはどんなものかを説明していきましょう。

1.自分のベスト・正しいサイズを知りましょう

measure-1897778_960_720

10代、20代の頃は成長や体質などで目まぐるしく体のラインは変わっていきます。

しかし30代になるとその変化も落ち着き、自分のベストな体重や体型がだいぶ把握できるようになってきます。

そこで自分のベストな状態になった時点で自分の正しいサイズを測りましょう。サイズは自分で正確に測るのは難しいので、デパートの下着売り場などに行けばちゃんと測ってくれます。

そしてそこで出された数値が自分のベストかつ正しいサイズとなり、以降はそのサイズを目安にしてランジェリーを選んでいくことになります。

正しいサイズのランジェリーは身体のラインを美しく見せてくれるだけでなく、体型が崩れていくのを防止してくれる役割もあります。身体にしっかりとフィットしたランジェリーで颯爽と歩きましょう。

2.30代女性のランジェリーでおさえておきたい色

colored-pencils-374771_960_720

大人の女性のマナーとしてランジェリーは存在をできるだけ消しておきたいものです。

「見せブラ」などに代表されるランジェリーを見せるファッションもありますが、かなりのオシャレ上級者かつ服装が自由な会社でない限り大人の女性でランジェリーを見せるのはタブーです。

そこでおすすめしたいランジェリーのカラーがいくつかあります。

まず必ず1枚はおさえておきたい色がブラックです。ブラックの下着というとちょっと抵抗を感じるかもしれませんが、ブラックは非常に有能なカラーです。

冬物でも夏物でも誰でも必ず1枚はブラック、もしくは濃いグレーのトップスを持っているのではないでしょうか。

ブラックのトップスでランジェリーが他の色だった場合、万が一外から見えてしまった時には非常に悪目立ちしてしまいます。そんな時にトップスと同じような色であれば、あまり目立たないで済むのです。

さらにもし同性異性・シーンを問わず下着姿を誰かに見られたとしてもブラックは大人おしゃれなイメージで通ります。

ブラックの次におすすめのカラーがラベンダーです。これは着けてみるとわかりやすいですが、肌をきれいに見せるのと同時に服の表からわかりにくい色となっています。

白以外のトップスであればこのラベンダーのランジェリーがとても便利に使えます。

そして最後におすすめするカラーがシャンパンゴールドです。これは白シャツや白い薄手のトップスを着る場合に合わせるランジェリーとして持っておくと便利です。

つい目立たないようにとベージュを買ってしまいがちですが、ベージュの下着はあまり誰にも見せたくないものです。

ここはあえて少し光沢感のあるシャンパンゴールドを選ぶことで手抜きのないおしゃれをし、内側から自信をつけていきましょう。

3.場面を選んで好きなデザインのランジェリーを選びましょう

working-1219889_960_720

仕事などの場面に着けて行くランジェリーのデザインは、やはりシンプルなものがラインも綺麗に出ておすすめです。

特にブラックの場合はあまり華美なデザインだと他人の目が気になることもありますので、何もついていないデザインかシンプルなレースのみのものを選んだ方が無難です。

しかし家にいる時や遊びに行く時など、TPOをあまり考えなくていいような場合には、思い切り好きなデザインのランジェリーを選びましょう。

見せるのは恋人か、もしくは誰にも見せないか、そんな時まで色々と考えることはありません。大人の女性だからこそ、内側のファッションも自由に楽しみましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone