【おすすめ海外旅行プラン】見るだけでも楽しい!お土産探しにもぴったりのロンドンデパート巡り

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ロンドンにはたくさんのデパートがあります。日本と違って建物やスタイルなどそれぞれ特徴があってとても個性的。

見るだけでも楽しいロンドンの6つのデパートを紹介します。

1.ハロッズ(Harrods)

building-66715_1280

ロンドンのデパートの代名詞といえば圧倒的な知名度と人気を誇る「ハロッズ」をおいて他にないでしょう。

美しく高級感のある外観と豪華絢爛な内装も圧巻で、単にショッピングを楽しむデパートというだけでなく世界中から観光客が訪れる一大観光名所となっています。

日本でもおなじみのクマのぬいぐるみ「ハロッズ・ベア」を始めとするオリジナルハロッズグッズや紅茶は定番のお土産としても喜ばれます。

【サイト】http://www.harrods.com

2.ハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)

「ハロッズ」のほど近くにある「ハーヴェイ・ニコルズ」はファッションに敏感な人たちに人気があり、最先端のトレンドファッションをチェックするならここに行けば間違い無いでしょう。

また最上階のフードエリアではオリジナル食品やフードコートが充実していてオシャレなパッケージデザインの紅茶やワイン、調味料などのオリジナル商品はついついたくさん欲しくなってしまいます。

【サイト】http://www.harveynichols.com/int/

3.リバティ(Liberty)

木材の骨組みが美しいチューダー調の建物はクラシックで独特な存在感を放っています。古めかしい建物とは対照的に洗練されたモダンなインテリア商品や最新のファッションが並んでいます。

日本でも人気のリバティ柄のバッグやポーチ、文具などもたくさんあり、その可愛さに思わずテンションが上がってしまいます。

もちろん手芸売り場にはリバティプリントの生地やリバティプリントを使った裁縫箱などの手芸小物も充実していて女性向けのお土産探しにはぴったりの場所です。

【サイト】http://www.libertylondon.com

4.フォートナム&メイソン (Fortnum & Mason)

美味しい紅茶やジャムなどが充実しているグランドフロア(1階)はいつもたくさんの観光客で賑わっています。

特に英国王室御用達ブランドとして長く愛されている質の高い紅茶は有名です。オリジナルブレンドを始め、ダージリンなどの正統派の紅茶からフレーバーティまで種類も豊富で、紅茶にうるさい人も納得する逸品です。

館内のティールームやレストランではアフタヌーンティや美味しい紅茶がいただけます。

【サイト】https://www.fortnumandmason.com

5.セルフリッジズ(Selfridges)

趣向を凝らしたウィンドウディスプレイも見所の「セルフリッジズ」はハロッズに次いでロンドンでは2番目に大きいデパートです。

広々とした館内にはスタイリッシュなディスプレイが並び、コスメや、デニム、シューズなどのファッションアイテムが充実しています。

シャネルやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドを始め、多くのファッションブランドが揃っているので忙しい旅行中、まとめて効率的にファッションアイテムを探すにはぴったりのデパートです。

【サイト】http://www.selfridges.com/GB/en/

6.ジョン・ルイス(John Lewis)

インテリアやキッチン用品が好きな人はぜひ「ジョン・ルイス」へ。質の良いプライベートブランド商品も多く、充実した品揃えです。ベビー&子供服・子供用品も可愛いものが揃っていて人気があります。

また広い手芸売り場は布やボタン、毛糸などの取り扱い数も多く、手芸が好きな人なら楽しめる場所です。

地階の食料品売り場(Waitrose)はデリや紅茶、オーガニック食品など幅広く扱っていてお土産探しやテイクアウトにもおすすめです。

【サイト】http://www.johnlewis.com

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone