仕事に悩む女子!そんなあなたにおすすめの映画3選をご紹介

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

厳しい世の中、仕事がイヤになってしまうことはあるものです。

そんな時、あなたにおすすめの映画を3つご紹介します。リラックスしてご覧になってください。

そして、仕事へのモチベーションにつなげていきましょう。

1.自分の可能性を信じる「世界一キライなあなたに」

切ないラブストーリーですが、ベースにあるのは、「自分の可能性を信じて歩む」というテーマです。

主人公は、田舎の町で、自分の仕事や自分の将来について諦めてしまっている一人の女の子です。

彼女は、ある男性とのかかわりのなかで励まされ、だんだんと自分の持っている才能や可能性に気付き、最後には思い切った決断をし、未来を切り開いていきます。

また、画面的にもカラフルで綺麗なので、すさんだ心に染み渡ります。

2.残された時間について考える「余命90分の男」

毎日同じような仕事を繰り返していると、自分の存在意義について悩んだり、消えてしまいたいような気持ちになることがあるかもしれません。

そんな時、この映画を見ることで、自分の仕事への取組み方について考えなおすことができるかもしれません。

主人公は勘違いにより、「自分の余命があと90分しかない」と思い込んで大騒動を引き起こします。

しかし、その大暴れの中で、周りの人への感謝を抱けるようになり、自分の人生に対する考え方が変わっていきます。

また、主人公に振り回される女医さんにとっても、その人生観を大きく変えるきっかけとなっていきます。

惜しくも亡くなった名俳優であるロビンウィリアムズの迫真にせまる演技と、切ないストーリーに、明日の仕事への決意を新たにされるような一作品です。

3.人間の根源的な強さを取り戻す「ファイト・クラブ」

仕事での悩みが、イライラするようなものだったとき、もしくは、仕事場で嫌な奴がいて我慢できないようなときに見るといいのは「ファイト・クラブ」です。

純粋に、イケメン俳優の若くて美しい時期に撮影された映画なので、目の保養になるという部分もありますし、なにより、イライラを吹っ飛ばすようなストーリーに、生まれ変わったような気分になることができることでしょう。

地下で夜な夜な行われる、生き方に悩んだ男たちのファイト・クラブの様子は、疲れて枯れた心に火をつけてくれるようなドキドキする描写です。

また、ストーリー的にもどんでん返しがあって純粋に面白いので、仕事の悩みをいったん忘れて、この映画の世界観のどっぷりと浸かることは有効でしょう。

悩みを吹き飛ばすようなラストシーンを見てから、明日の仕事に向かう勇気を奮いたたせましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone