ちょっとマイナーな趣味をテーマにしたおすすめの映画3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

大量の映画が量産されている今日この頃、ありきたりの映画では刺激が少ないと感じる人も多いのではないでしょうか。

そういう人は、ちょっとマイナーな趣味をテーマにした映画を見てみるのはどうですか。

もしかしたら自分の知らない世界への扉が開いてしまうかもしれません。

1.アニメのコスプレが趣味な女の子の悲劇「マジカルガール」

まずご紹介するのは、アニメのコスプレが趣味な女の子の悲劇を描く、「マジカルガール」です。

監督が日本のサブカルチャーについてお詳しいので、映画の中にさまざまな形で日本のサブカルチャーを示唆する表現が出てきます。

それらを探しながら見てみるのも面白いことですし、主人公もしっかり「マイナーな趣味」をしている女の子です。

日本のアニメのコスプレが大好きな女の子が、父親に衣装を買ってほしいとせがむことで始まる物語です。

物語の途中から、さらにディープな世界へといざなう濃いキャラクターが出てきます。

はまる人には最高の映画ですが、悲劇の映画なので、その点には注意しましょう。

2.ロリータファッションが趣味な深キョン「下妻物語」

AYANOさん(@aynkgy)がシェアした投稿

深田恭子さんがロリータファッションを趣味とする可愛い女の子の役を見事に演じ切っています。

甘ロリ程度は現代でも見かけますが、この映画に出てくるような、いかにもなロリータファッションというのはマイナーな趣味だといえると思います。

場面ごとにさまざまなファッションを見せてくれる深田恭子さんがとても愛らしい作品です。

この映画を見た後は、あなたもロリータファッションを趣味にしてみたくなるかもしれません。

似合う人が趣味として着るならば、フリフリレースのワンピースはこんなに可愛く着こなせるものなのだと感心します。

3.ホラーマンガを描くという趣味「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

そして、ホラーマンガを描くという趣味が出てくるのは、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」です。

主人公は、マジキチの姉を主人公として、ホラーマンガを描くのが趣味です。

自分の家族をテーマにしてホラーマンガを描くというのは、すごいストレスの発散方法ですよね。

もちろん、自分の身内を恐ろしい存在として描くというのは、それなりのリスクを伴い、主人公はサトエリ演じるメンヘラ姉との壮絶な戦いに巻き込まれていくというストーリーです。

作品中に出てくるホラーマンガの絵がとても面白く、この映画を見た人は自分も誰かをモチーフに創作活動してみようという気持ちになるかもしれません。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone