【大人女子のスキルアップ事情】30代になってからファイナンシャルプランナー資格を取得した体験談

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

最近はカルチャースクールや通信教育やなども充実していることから、主婦の方でも気軽に資格取得に挑戦する方が多くなってきました。

そんな中でも人気の資格、「ファイナンシャルプランナー」を取得した体験談について、お話しします。

1.資格取得の期間

スケジュール帳とコーヒー

ファイナンシャルプランナーの資格を取得しようと決めたのは、育児休業中の事でした。

育児休業前はフルタイム、正社員で勤務していましたが、そもそも勤めている会社では、まったく関係ない仕事をしていて、手続き関係は総務課にすべてお任せ~状態でした。

産休・育休を取る時に、健康保険のこと、雇用保険のこと、年金のこと、わからないながらも多少の知識はつき、それをきっかけに「もう少し詳しく知りたい」と思うようになりました。

思いついてから試験の日程までは約半年。調べてみると、一番簡単な『3級』であれば、独学・3か月ほどで取得も可能なようでした。

日々の家事や小さな子どもの世話もあるため、1日1時間~2時間程度の時間を勉強にあてることにしました。

2.資格取得のための勉強方法

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

興味だけではじめたことだったので、通信教育のような費用のかかるものは使わないことにしました。

なるべくお金をかけない方法でと思い、参考書を使った独学での取得を目指しました。

中古の参考書では法律の改正などの対応できていないので、最新の参考書、練習問題が多めのものを1冊購入して使用しました。

始めはほとんど意味が理解できないまま、参考書に一通り目を通し、付属の練習問題を解いていきながら意味を理解する、という方法で勉強を進めました。

試験の1ヶ月ほど前には、過去の出題問題を実際に解いてみて、進捗状況や苦手分野を確認、そこからは多くの問題を解くことに重点を置いて勉強しました。

試験直前の模試では合格ラインだったため、安心して本番に臨め、無事合格しました。

3.資格を取って良かったこと

saya072160011_tp_v

資格取得のために勉強したことで、知らないことで損をしてしまうことがたくさんある事を知りました。

自分の生活環境が変化したとき、「何か忘れていることはないか?」と振り返るようになりました。

友人との会話の中でも、知っている事が役に立てたこともあります。

全てを覚えきれなくても、調べ方を知っているというのは心強いな、と感じています。

4.さいごに

お金の計算

資格取得を目指しているときは、生活にメリハリがつきました。

「できた!」事が自信につながり、これからの自分のライフプランを考えるきっかけにもなりました。

いくつになっても好奇心やチャレンジ精神を忘れずにいたいと思います。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone