家事が楽しくなる!買って良かった無印良品キッチングッズ4選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

無印良品のキッチングッズはデザインがシンプルで使いやすくとても機能的です。そして次々に新しい商品が発売されています。

そんな中で実際に使ってみて「これ買って良かった!」と思った無印良品のキッチングッズを紹介したいと思います。

1、陶器ベージュ角皿仕切り付き

無印良品といえばシンプルな白の食器のイメージがありますね。この仕切りのついた角皿は我が家では毎日のように使われています。

仕切りで3つに分かれているので焼き物、サラダ、煮物などを一つのお皿でよそうことが出来ます。味が混ざることもないですし、何より食器の枚数が少なくて済むのでお皿洗いや後片付けがとても楽です。

餃子、シュウマイなど、タレを付けて食べる料理の時にも重宝します。一家に人数分は揃えておきたいお皿です。

2.スクレーパ

スクレーパーとはお鍋やお皿の汚れを落とすへらのことです。食事の後片付けの時に今までは蜜柑のかわや古新聞でお皿の汚れを拭い取ってから、洗剤で洗っていました。

スクレーパーという道具は知っていたのですがわざわざ買うほどでもないかなと思っていたのです。しかしこの無印良品のスクレーパーを買って使ってみてスクレーパーのフィット感にびっくりしました。

かなりの汚れを取り去ってくれるので洗剤の量もすくなくてすみます。主婦の仕事が楽になる、地球環境に優しい商品です。

3.ひっかけるワイヤークリップ

ひっかけるワイヤークリップとはワイヤーの洗濯クリップの片方が s 字のようになっていて、物を挟んで引っ掛けることが出来るクリップです。

キッチンでレシピを見やすいように挟んでぶら下げたり、食器ふきんを乾かすために挟んで引っ掛けたりして使うことが出来ます。

このひっかけるワイヤークリップは無印良品の洗濯バサミコーナーにひっそりと置いてあります。

子どもの描いた絵を挟んでディスプレーする、バラバラになりやすい手袋をペアで揃えて挟んで玄関に置いておくなど、キッチン以外でもアイデア次第で色々と使える便利な道具です。

4.シリコンジャムスプーン

これも無印良品のキッチングッズの中の隠れた逸品だと思います。気持ちいいくらいに瓶のジャムなどが最後まできれいに使うことが出来ます。

食べ物の勿体ないをなくす道具ですね。またシリコンジャムスプーンはすくうだけではなく、そのままヘラとして使ってジャムをパンに塗ることもできます。無くても何とかなるけれど、あればとっても便利な一本です。

新しいキッチングッズを買うと料理がいつもよりも楽しくなりますね。シンプルで使い勝手の良い無印良品のキッチングッズはこれからも要チェックです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone