彼と喧嘩したときにおススメの映画は『生田斗真主演「秘密」』とその理由4つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

彼と喧嘩したときにおすすめする映画は、生田斗真主演の「秘密」です。なにせ、私自身が、彼と大喧嘩して、映画の内容自体ほとんど知らないまま鑑賞したことにより、結果的には仲直りできた映画なのですから。

その経緯と理由について、詳しくお話したいと思います。ちょっとだけネタバレもありますので、読みたくない方は、ここでストップしてくださいね。

1.怒りを忘れる

大喧嘩して腹が立って、悔しくて、泣いたせいで眼も腫れてるし、化粧もグシャグシャで、もうどうでもいいやと思って、顔をあげた瞬間目に飛び込んできたのは、目を見開いた死体の映像。

ぎょっとして思わず釘付けになりました。ホラー映画ではないのですが、ホラー的な要素が随所にちりばめられています。不意をついて驚かされる、そのドキドキ感で瞬間的に現実を忘れます。

2.怖くて誰かにそばにいてほしくなる

takebe160224230i9a0524_tp_v

血まみれの死体がでてきたかと思えば、人の頭をわって脳みそを取り出すシーンあり、映像的にも怖いのですが、最も怖いのは、この映画の心理描写。

内面からじわじわとこみ上げてくる恐怖に「一人で見に来るんじゃなかった」と本気で後悔します。「そういえばちょっと言い過ぎたかも」などと殊勝なことを考えさせるほどの効果があります。

3.幸せそうな人が出てこない

PAK93_heyanosumikko20140322-thumb-autox1600-16861

喧嘩した時に一番見たくないのは「幸せいっぱいの恋愛もの」。そんな要素がゼロであることもこの映画のおすすめポイントです。

ちなみに一組だけカップルが登場しますが、そのカップルの男性は気が狂って主人公を殺そうとして、逆に撃ち殺されてしまうという、救いようのない展開。

自分が不幸な状況で、幸せな映画を楽しめるほど、人間の心は広くないのです。

4.そんな映画なのになぜか最後は感動する

ff2d45d5059078e7bc86aa11771749de_s

そんな内容の映画でありながら、なぜか最後には、じんわり心が温かくなり、ほのぼのとするというのが最大のおすすめポイント。

私自身、最後のシーンをみて、「やっぱり誰かが傍にいてくれるのっていいな」と素直に思えて、映画館を出た後、すぐに電話して仲直りしたという経緯があります。仲直りした後、二人でもう一度観に行きました。

途中何度も「なんでこの映画で感動するの?」を訪ねてきた彼でしたが、最終的には納得。この意外性も、仲直りに一役買ってくれるかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。原作の漫画を読んで、期待外れだったという意見もあるこの映画ですが、私としては十分楽しめる内容でした。

彼氏と喧嘩した時はもちろんお勧めですが、「ホラー好き」はもちろん、ありきたりのストーリーに飽き飽きしている刺激を求めたいタイプの方にもいいんじゃないかと思います。キャストもなかなか豪華で、その点からも楽しめますよ。

ぜひ、この衝撃を味わってみてください。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone