妊活カップルにおすすめ!子授けのご利益で有名な全国の子宝神社5選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

赤ちゃんは神様からの授かりもの。お参りすれば必ず妊娠するというわけではないけれど、なかなか子供に恵まれないカップルにとっては神にもすがりたい思いは当然のこと。

妊活中に訪れるとご利益があると評判の全国各地の5つの「子宝神社」を紹介します。

1.水天宮

都内の子宝スポットとしてまず1番に名前があがるのが日本橋にあるこの「水天宮」です。日本の神々の祖先神である万物創造の神様とされる天御中主大神様をお祀りし、安産や子授けのご利益があるといわれています。

「子宝いぬ」

お産が軽く多産の犬にあやかった、愛らしい子犬と愛情深い母犬の親子の像を撫でると子授け、安産など様々なご利益があるといわれています。

「安産子育河童」

母河童の足元と胸、肩に赤ちゃんがしがみついている可愛らしい像。河童は水天宮の神使といわれ水難除け、火除け、魔除け守護とされています。

「鈴の緒」

社殿に向かってお参りするときに鳴らす鈴。その鈴から下がる紐(鈴の緒)は水天宮が江戸時代まだ久留米藩上屋敷内に鎮座していた頃のこと、月に一度交換するその鈴の緒のお下がりを受けられた女性が腹帯として使ったところ思いの外、安産だったことから評判が広がりました。

【住所】
東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4-1

2.唐松神社

樹齢300年を超えると言われる杉並木が立ち並び、古くから安産と子授けの神様として秋田県内のみならず全国から多くの人が参拝に訪れる歴史ある神社です。
神功皇后、香具土神 、登美夜毘売命 の三柱をお祀りし女一代の守り神様として有名です。

「天日宮」(あまつひのみや)

石が敷き詰められたサークルの中に鎮座する神秘的な社殿の裏にある「抱石男石」(子宝)、 「玉鉾石」(結縁子安)、 「女石」(安産)の3つの霊石が祀られています。女性は「抱石男石」を男性は「玉鉾石」を作法にのっとってお参りすると子授けのご利益があるといわれています。

【住所】
秋田県大仙市協和境字下台84

3.御胎内神社

日本屈指のパワースポット富士山のふもと、静岡県御殿場の富士山の溶岩で形成された自然公園「御胎内清宏園」の中にあります。木花咲耶姫命、猿田彦命の二柱をお祀りし、子授け、安産にご利益があるといわれています。

「御胎内洞窟」

富士山が噴火した際に生じた複合溶岩樹型の洞窟があり、その形が女性の体の胎内に似ているところから「御胎内」と称されお祀りされました。この中をくぐりお参りすると子宝に恵まれると言われています。

【住所】
静岡県御殿場市印野1362-1

4.住吉大社 種貸社

全国各地にある住吉神社の総本社で、古くから大阪の地に住む人々を守り続け親しまれている住吉大社。昔話で知られる一寸法師は子宝に恵まれなかった老夫婦がこちらにお参りして授かったといわれています。

「種貸社」

住吉大社境内にある「種貸社」は、元々五穀豊穣を祈願する社であり、稲を繁殖させる穀物の穀霊が宿ると信じられていたことから子授けにもご利益があるとして信仰されるようになりました。
ふくよかな女性が赤ちゃんを抱いた姿の「種貸人形」は子宝祈願のお守りとして人気があります。

【住所】
大阪府大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89

5.宇美八幡宮

古代神功皇后が応神天皇を産んだとされ「産み=宇美」という地名の由来になった福岡県糟屋郡宇美町に鎮座する「宇美八幡宮」。そんな名前の由来からも「子安の杜」と称され九州の中でも子授け、安産の神社として特に人気があり親しまれています。
子授けの祈祷(初穂料5000円以上)を受けることもできます。

「子安の石」

本来は安産祈願を終えた妊婦さんが持ち帰り安産を願うための石なのですが、子宝を願う女性が持ち帰ったところ子供を授かったとのことから子授けにもご利益があると広まりました。

【住所】
福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目1番1号

shrine-801609_960_720

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone