キュンキュンしちゃお!恋をしたくなるおすすめ洋画3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

映画のような恋をしたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか。特に洋画のラブストーリーは、素敵な街並を背景に、おしゃれな男女が繰り広げるストーリーに誰もが魅了されるものです。

今回は映画が大好きで、学生の頃には週に7~10本の映画をレンタルして観ていた私がおすすめする、観ると恋をしたくなる洋画3選をご紹介します。

1.恋と愛の測り方

この映画は、キーラ・ナイトレイとギョーム・カネの美しい男女の切ない恋がとても魅力的なラブストーリーです。

ニューヨークを舞台に、ファッション、インテリア、レストラン、ライフスタイルなど、どれもがおしゃれで観ていて魅了されます。際立っているのは、キーラ・ナイトレイの美しさだと思います。

私は他のどの作品よりも、この作品の中での彼女が一番美しいと思いました。彼女が演じるジョアンナ・リードが着る服やメイクなど、ぜひ注目して観てもらいところです。

恋い焦がれる存在なのだけど、人生の伴侶ではない・・そんな選択をして清く分かれる二人。二人の「一緒にいたい」という気持ちを想うと、切なくてたまりません。また別れのシーンでは、美しい音楽が一層切なさをかき立ててくれます。

現在結婚している方、相手は本当に「一番好きな人」ですか?この映画を観たあとには、心に想う一番好きな人のことを思い出してきっと切なさに浸ることでしょう。こんなに恋い焦がれる相手、私にも欲しいな・・と思わせてくれる一本です。

2.ラブ・アクチュアリー

この映画は、クリスマスのロンドンを舞台に、19人の男女のラブストーリーをグランドホテル形式で描いています。

コメディタッチで、観ていてクスッと笑える部分があるかと思うと、登場人物たちの純粋な「好き」という気持ちが伝わってきて、目頭が熱くなる部分もあり大変見応えのある映画です。

また、ここでこんな風に話が繋がっているのか!と、その構成にはきっと誰もが驚かされると思います。

数種類のラブストーリーが同時進行して、中には切ない話もあるのですが、最後にはどれもぽっと心が温かくなるようなラスト。見終わったあとには、じわーっと心が温かくなっているのを感じます。

私が一番好きなストーリーは、コリン・ファース演じる作家とメイドの恋。告白のシーンがとてもハッピーな雰囲気で溢れていて素敵です。

クリスマスムード溢れる街が舞台のこの映画。私はクリスマスのシーズンになるとこの映画を何度も観たくなります!純粋な「好き」という気持ちを大切にしたい・・そう思わせてくれる映画です。

3.ユー・ガット・メール

この映画は、ニューヨークの街を舞台に描かれたロマンティック・コメディです。犬猿の仲である男女が、インターネットを通じた顔の見えない出会いを通じて、次第に惹かれ合っていくという内容です。

この映画の魅力は、なんといっても主人公キャスリーンを演じるメグ・ライアンの可愛らしさだと思います。さすがロマンティック・コメディの女王!といったところですが、私は、この作品のメグ・ライアンの可愛さがピカイチだと思っています。

また、変わりゆく季節の中で見られるニューヨークの街の美しさも注目して観てほしいところです。

この映画が大好きになって何度も観たあとに、私はニューヨークを旅行したのですが、映画の中で出てきた「カフェラロ」というカフェに実際に行ったほど、この映画の影響を多大に受けています!

旅行先をニューヨークに決めたのも、この映画のおかげといっても過言ではありません・・。

主人公を演じるトム・ハンクスとメグ・ライアンの軽快なやり取りにはクスッとするところもあり、また心がぽっと温かくなるラスト。古い作品ですが、ぜひ観て頂きたい映画です!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone