【海外ライフ】マレーシアへの移住・留学希望者が心得ておくべき4つのポイント【体験談】

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

マレーシアの移住については、テレビに放映されることもあるので、知識をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

私はマレーシアに約3年住んでいますが、その間に感じたこと、また移住や留学希望者の方が心得ておくとよいと思うことを書いてみたいと思います。

1.マレーシアの物価は安くない

f03c51f162226af52343322e3e78160e_s

私が2013年1月に来た当初、今よりも物価はずいぶん安かったと感じています。しかし2015年4月にGSTという税金が6%加算されるようになりました。

その時に課税リストに入ったものには税金がかかるようになり値上がりしたのですが、これまで値段を上げずに頑張ってきた企業、店も便乗値上げをしたのです。

そのため、これを境にマレーシアの物価は高くなったと感じています。

物価の高さは主に首都で感じることですが、地方に行くと、まだまだ安いです。特に外国人がいないローカル人ばかりのところは、未だに物価は安いですね。

そのため旅行にしても生活にしても首都と比較して差を感じることが多いです。

2.治安はどう?

1e60b71169bbf9734f8c592b6b2a30a3_s

IS等の問題もありマレーシアでは警戒が進んでいるような気がします。特に観光客が訪れるようなショッピングモールでは、警察や自衛官が巡回しています。

またローカルの新聞でもIS関係の国内逮捕の記事が出ていることも少なくありません。未だ大きな事件が起こっていないのがせめてもの救いですが、いつか起こるのでは?と誰もが警戒を高めています。

また現地人に溶け込んで生活している分にはいいのですが、外国人とわかると近づいてくる人がいるのも確かです。

私は危険な目にあったことはないのですが、日本人で実際にトランプいかさま詐欺にあった人も、強盗の被害にあった人も知っています。そのためマレーシアは決して安全な国ではないと自覚しています。

またローカル人が一番注意しているのが子供の誘拐です。さすがに私の周りでは誘拐された人はいませんが、以前に外国人居住区の子供が誘拐をされたことも。

また子供が乗っている車ごと盗まれた事件もあります。ショッピングモールに行くと誘拐の尋ね人のチラシ…。そのため、子育て中の人は注意が必要です。

3.住まいはどう?

c5cdabeb2decf660172ef422f9e80afc_s

日本より家賃が安いので、同じ家賃を払えば、広い部屋に住むことが可能です。また多くの物件では家具付き。コンドミニアムではプールやジムがついているので、快適さを感じることが出来ます。

アパートメントと呼ばれるものは、プールやジムはないですし、セキュリーティー面でも心配です。日本人の多くは、古くてもコンドミニアムを選択する人がほとんどです。

外国人が多く暮らす地域はクアラルンプールに数か所あり、家賃は高いのですが、安全性、利便性を考えると外国人に便利でもあるのですね。

また主要なインターナショナルスクールや日本人学校のバスもくるし、日本人通しの交流が取りやすい、日本人医師の在籍するクリニックがあるなど子育て中の方には便利な場所です。

4.車がないと厳しい

34f873c5f5b2a1288ba2b120e91caf97_s
マレーシアのLRT、MRTなど交通の整備が進んでいますが、まだまだ車社会。昼間は熱いですし、なかなか歩いて外に出るのは難しいです。また雨季になると一日一回はスコールがあるので、何かと車があると便利。

しかしその車の購入が高いのです。また車の運転マナーもよいとは言えず、交通事故に合う可能性も日本より高いです。

また車の車検制度はありませんので、中古車を購入する場合には注意が必要です。必ず高速では故障で止まっている車を見かけますから。

また留学や移住をする場合でもきちんと車の保険には入っておくべきですね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone