【女子旅】うどん県「香川県」での女性一人旅にオススメの場所5選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

「一人旅」に行く時、みなさんは、どのような場所を選びますか。

私自身、一人旅が好きでよく出かけるのですが、やはり場所を選ぶ基準は「落ち着けて、ゆっくりできる」「おひとりさまでも入りやすい」「おひとりさま向けのプランがある」などが決めてでしょうか。

そんな私が、よく訪れる、うどんが有名な「香川県」での一人旅について、おすすめポイントを5つ挙げてみました。「一人旅推進派」のみなさんのお役に立つことができると、嬉しいなと感じます。

1.栗林公園

10000579

綺麗な場所、静かな場所を一人で歩くと、豊かな気持ちになれませんか。美しく手入れされた庭園を歩いていると、心の中まで澄み渡っていくように感じます。

ただし、桜や紅葉の時期は、かなりの人手なので、時期を選んで訪れてくださいね。

また、公園の北口には「甘味茶寮ほとり」という、おひとり様でも入りやすい落ち着いた雰囲気の甘味処があります。ランチメニューも充実していますし、香川の郷土料理「あん餅雑煮」を食することもできるんですよ。

食する前は私も敬遠していたのですが、これがなかなかの美味。ぜひ試してみてくださいね。

2.JRホテルクレメント高松

10000034

高松駅のすぐそばにあり、部屋から海がみられる絶好のロケーション。ホテルについて、一休みしたら、海辺を散策してみるのもいいかもしれません。

お食事は、20階にあるスカイレストランでの食事が景色も良くてお勧めです。また、ホテルから少し離れたところにあるマリタイムプラザタワーの29・30階には、和洋中、3か所のレストランがあり、こちらも絶景を眺めながらお食事を楽しめます。

ランチメニューは意外とお手軽価格なので、散歩がてら、ちょっとのぞいてみるといいかもしれません。

3.MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

10001553

「高松駅」からJRを利用すれば30分ほどで到着する「丸亀駅」の傍にある美術館です。猪熊源一郎の作品をモチーフにした外観やオブジェが目をひきますので、一目でそれだとわかります。

隣接するカフェは、ちょっとした穴場ポイント。企画展ごとに入れ替わるオリジナルスイーツなども楽しめます。

4.香川県立東山魁夷せとうち美術館

10002091

「坂出駅」からタクシーで20分。少しだけ、アクセスは不自由ですが、訪れる価値のある美術館です。隣接するカフェから見える、穏やかな瀬戸内海と瀬戸大橋の姿は、一枚の絵画のよう。

作品の余韻に浸りながら、海をながめつつ、時がたつのを忘れるのもいいのではないでしょうか。

5.一人旅プランのある、こんぴらさんのお宿「琴平花壇」

10000482

香川のパワースポットの代表格「こんぴらさん」。長い、石段を一人で黙々と登ってみるなんてプランもありかもしれません。頂上にたどり着いて感じる風の心地よさと達成感は、あなたの一人旅を充実したものにさせてくれるでしょう。

また、琴平にある「琴平花壇」という宿にはおひとり様用の素敵なプランがあります。タイ古式マッサージがついていたり、お食事の品数が控えめになっていたり、朝食のみの設定だったり。

おひとり様用の配慮がなされている上に、とても気配りの行き届いた、女性にお勧めの宿です。竹林に囲まれた温泉も素敵ですよ。

まとめ

いかがでしょうか。キラキラ輝く瀬戸内海を眺めながら、まったりすごす香川の旅、なかなか良いものです。なお「瀬戸内国際芸術祭」の時期には、場所によっては、かなりの混雑が予想されます。

うどんのお店も、連休中は長蛇の列。プランに組み込む際には、それらの点も配慮して、楽しい一人旅を満喫してくださいね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone