【海外旅行】初めての上海旅行におすすめの観光スポット3選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

上海は中国最大の都市であり、世界の中でも有数な世界都市です。商業、金融、工業、交通など、ありとあらゆる面で中心的な存在となっていて、首都の北京を凌いでいます。

よって、上海を旅行すれば、今の中国、昔の中国を理解することができるでしょう。

また、美味しいグルメも充実しているので、食べ歩きも楽しめる場所です。

1.上海へ行ったら押さえておきたい外灘(バンド)

@travelllsomeがシェアした投稿

上海へ行ったら、外灘(バンド)はぜひとも観光しておきましょう。ここは上海でもトップクラスの観光エリアで、旧市街の北にあります。

そしてこの場所は、東アジアにおいて金融の中心となりました。よって、アメリカやイギリス、フランス、日本といった世界各国の銀行があり、イギリスやロシアの領事館、新聞社などもありました。

しかし、共産党が勝利してからは、徐々に金融機関は移転し、ホテルなども撤退してしまいます。

ただ、その後、中国全体が市場経済を導入していくこととなり、また、外灘(バンド)でホテルや金融機関が営業を始めています。

そして高級ブランドのショップやレストランが建ち並び、食事やショッピングを楽しむことができる観光スポットとなりました。

夜のライトが凄いので、夜景スポットとしても観光客から絶大な人気を誇っています。

2.上海へ行ったら押さえておきたい豫園(ヨエン)

Nachi Haradaさん(@nacchi_305)がシェアした投稿

ここは明代に作られた美しい庭園です大変広い庭で、なんと完成までに18年間もかかっています。

歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気の建物があったり、曲がりくねった回廊や様々な形をした窓などもあり、見どころがたくさんある庭園です。

よって、中国の古典的で幻想的な雰囲気を楽しむことができると、たくさんの観光客で賑わう場所です。
また、近くにはショッピングやグルメが楽しめることで有名な豫園商城があるので、散策だけでなく、ショッピングを楽しみたい方にも大変おススメの観光スポットです。

そして、夜になるとライトアップされ、更に幻想的な世界が広がるようになっています。池にライトアップされた建物が映り込む景色は、圧巻の一言です。

3.上海へ行ったら押さえておきたい新天地

kamaさん(@ilovekama)がシェアした投稿

新天地は2000年に開発された上海の地区で、レストランやショッピングセンター、人が住むマンションなどが集まっています。

歴史と現在の流行が混在している街で、観光客だけでなく、地元のたくさんの人々もここに来て、ショッピングやグルメを楽しんでいます。

新天地限定タンブラーがあるスターバックスや、外で食事とお酒が楽しめるレストランバー、スイーツが楽しめるオープンカフェなどもあり、雰囲気は日本の原宿といった感じがあるかもしれません。

よって、ショッピングを楽しみたい、オープンカフェで海外旅行の雰囲気を味わいたいという方には、大変おススメのスポットです。

また、夜になるとバーが人気を集め、地元の人々や観光客がお酒と会話を楽しんでいます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone