【大人女子の趣味事情】完全初心者が30代でダイビングをスタートしてみた体験談

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

みなさんの考えるダイビングのイメージってどんなものでしょうか。若い人たちが楽しむものと思っていませんか。

ウエットスーツだけを見ると、サーフィンと同じマリンスポーツという気がしますが、実は全然違います。

サーフィンは、波の高い海面でパドリングしたり、ボードに乗ってバランスをとったりとかなりの筋力と体力を要するスポーツです。

一方、ダイビングは、海の中を悠然と漂うアクティビティといってもよい、優雅なスポーツなのです。

ダイビングを始めるきっかけはふとしたころから

スキューバーダイビング

実は私自身、40歳手前でダイビングを始めた実体験者です。そのきっかけは、仕事の後に週2.3回通っていたスポーツクラブで勧誘されたことでした。

実は勧誘される前から、ずっとショップのモニターに流れている海中の映像が気になっていたのです。

そこには、きれいな海で魚やウミガメと一緒に泳ぐ人の映像が流れていました。

以前釣りに関する仕事をしていたこともあり、海や魚が好きだったこともあって、その海中世界にもともと心惹かれていたというわけです。

みなさんの中にも、イルカと泳いでみたい、ウミガメと出会いたい、二モやドリーに会ってみたいと思っている人がいるのではないでしょうか。

ふとしたことから、実際にその世界に足を踏み入れたことで、私の生活は一変しました。

ライセンス取得への道その1:筆記&プール実習

勉強する女性

ダイビングにはライセンスの取得が必要です。まずはテキストで、10時間程度の講習を受け、筆記試験に合格することが必要でした。

スポーツクラブに通っていた時間の一部をその時間に充てることはそれほど難しいことではありません。というわけで、スイミングのあと、ダイビングショップに立ち寄り、毎回一時間程度の講習を受けることにしました。

そこで一緒に講習を受けていた女の子とすぐに友達になり、情報交換などもして、二人して無事筆記試験に合格したのです。

それと並行して、そのスポーツクラブのプールとダイビングプールで機材を身に着け、5回程度実習を行います。

講習で覚えたことをすぐに実習で身につけられ、友達と時間を合わせて実習を受けることで、一気に楽しさも倍増します。

実習では、海中での浮力の取り方や、機材の扱い方、緊急事態の際の対応やハンドサインなどを学びます。それほど難しいものではありません。

それよりも、ひとつひとつが新鮮で、魚のいない水中で浮力に身を任せるだけでも別世界の体験で、夢中になれるのです。

最後に遠泳テストをして、プールは卒業となります。ちなみに、ノーマルのスイムなら200メートルくらい、シュノーケリング使用なら500メートルくらいだったと思います。

ライセンス取得への道その2:海洋実習

カクレクマノミ

筆記とプール実習が終わったら、いよいよ海洋実習です。海デビューです。

現地では、浜がダイビングショップの貸し切りのようになっていて、いろんなレベルの実習や試験、ファンダイビングなどでダイバーが集結していました。

若い人も多いですが、中にはお母さんほどの年齢の人や、渋めのおじさんもいらっしゃいます。その中に混じって、インストラクターさんに着きます。

一人のインストラクターさんに5人ぐらいのチームで、続々と海に消えていきます。

私たちは実習ということで、ビーチから入っていくビーチエントリーでしたが、中級以上の人やファンダイビングの人はボートに分乗してゾクゾクと海に出ていきます。

いつかはボートで沖へ出てみたいと、横目で見ながらぶくぶくと海の中へ…。

海の中はおさかなパラダイス

ウミガメ

海に入るなり、空色の小さな魚の群れに出会いました。空色の他に紫の魚や、黒や黄色、白黒のシマシマもいます。今まで水族館でしか見たことのない海の中の世界に自分がいるのです。

そして、少しもぐっていくと、なんともいえない浮遊感、プールとは違う開放的な海中でのダイビングは最高です。自由だ~と叫びたい気分です。

体を伸ばして力を抜き、呼吸に集中します。吸うと浮き、吐くと少しもぐります。フィンでこぐとスーッと前へ進みます。そんな風に体のバランスを取りながら、岩場の魚を見て回ります。

魚やさんご、イソギンチャクなどの説明をインストラクターさんがホワイトボードに描いてくれたり、ボディーランゲージで示してくれるたびに、私は夢中で声を上げていたようで、浜に戻ってから、「海の中でしゃべる人、初めて見ました」と大笑いされました。

ただ、それくらい、ダイビングで出会う海中世界は私を夢中にさせたのです。

2日かけて、3回の海洋実習のあと、無事試験に合格し、私はオープンダイバーの資格を取ることができました。

今では、ボートで沖に出て、魚の群れに巻かれています。

みなさんも、年齢はまったく関係ありません。

だまされたと思って、あの自由な海中世界に一歩を踏み出してみたら、きっとこれまでの世界が、人生観がかわるはずです。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone