【キャリアコンサルタントが贈るコラム第3回】未経験の仕事に転職したい!気をつけること3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

こんにちは。キャリアコンサルタントのくみこです。

未経験の仕事に転職したいけど、30代だとなかなか難しかったりしますよね。でも、どうしてもこの仕事に就きたい!と思ったら?そんな時に気をつけることをお伝えします。

1.現在の仕事を続けながら転職活動をする

ソファでパソコンを使う女性

30代以上の転職は、基本的には「経験者」であることが前提になるため、未経験の仕事に転職しようとしても、経験がない→採用されない→経験が積めない…という悪循環にはまってしまいがち。

そのため転職活動が長期化するケースが多いのです。現在の仕事を辞めてから転職活動を始めると、思った以上に苦戦し、無職期間が長くなってしまうことも少なくありません。

そうなると収入がなくなって困ったり焦ったり、再就職が目的になってしまったりして、結局、経験があって決まりやすい元の仕事と同じような仕事に応募せざるを得なくなったりします。

それでは元の会社を辞めた意味がなくなってしまいますよね。

現在の仕事を続けていれば、転職活動が長期化しても、収入面の心配なく安心して活動ができます。

また活動をする中で「こういう経験もあると有利」ということがわかれば、現在の仕事の中で、それに近い経験を探して積むこともできます。

無職になってしまうと収入面もさることながら、その期間に積める経験がゼロになってしまうことが最大のリスクだと思います。

2.就きたい仕事のことをよく知る

忙しくて頭を抱える女性

めでたく内定が出て転職できたとしても、いざその仕事をしてみたら「こんな仕事とは思わなかった」と短期での離職になってしまうケースもよくあります。

転職後のミスマッチをなくすためにも、その仕事のことをよく知ることが重要です。

その仕事をするにあたって必要な知識は何か?というのは調べてある方が多いのですが、実際にどのような能力が必要なのか?その仕事の特性は何か?ということまでは考えが至らない方も多いようです。

経理や給与計算などは事務の中でも専門的な仕事で人気のある職種ですが、締切が決まっていて、締めの前には残業になったり、休めなかったりする仕事です。

月の締めだけではなく決算など年度の締めもあり、かなり忙しくなる時期もありますね。そういった仕事の特性まで含めて、よく調べて、それでもできるか?やりたいと思うか?を考えてみてください。

3.仕事内容以外のことも考慮する

オフィスで仕事をするグループ

とにかく仕事に就いて経験を積みたいと思うあまり、仕事内容以外の条件については甘く見積もりがちになってしまいます。

不慣れな未経験の仕事に就くため時間がかかって残業が増えたり、給与が今までよりも下がったり、通勤が遠くなるなど、勤務条件が悪くなることを受け入れてしまいがちです。

それらは必要なことではあるのですが、どこまでだったら自分がモチベーションを維持して働き続けられるのか?をよく考えてみてください。

また、社風が合わないというのも早期離職のよくある理由ですので、合わない社風の中でも続けられるか?そこまでして本当に就きたい仕事なのか?ということも、是非考えてみてください。

まとめ

書類に目を通す看護師の女性

未経験の仕事に転職する際に気をつけることについて書いてきましたが、転職の前に「転職したいと思う理由」をしっかり考えたり、現在の会社で異動するなど「転職以外の選択肢について検討すること」も忘れずに実行してくださいね!

ライター情報

ライターくみこ

Writer:くみこ
キャリアコンサルタント(国家資格)
人材派遣会社や大学でのキャリアカウンセラーを経て独立。
2005年から始めた「女性の生き方とキャリアを考えるブログ」は12年目。
http://lifecareer.exblog.jp/

個人の方からのご相談(面談/スカイプ/メール)もどうぞ!
http://lifecareer.exblog.jp/19830030/

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone