【キャリアコンサルタントが贈るコラム第1回】結婚・出産を考え今から転職?迷ったらやるべきこと3つ

Share on Google+1Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

はじめまして。キャリアコンサルタントのくみこです。

ご縁がありまして、連載を持たせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

さて「今の仕事は忙しすぎて…。この先、結婚や出産を考えると、今のうちに転職していたおいたほうがいいんじゃないかと思うんです」というのは30歳前後の女性からの、非常に多いご相談です。

そんな時、どうしたらいいのでしょう?

1.これまでのキャリア/価値観の棚卸し

13738e3440485e0970f36665387f8a12_s

社会人になってから、どのような会社/部署でどんな仕事をしてきましたか?そこで得られた経験やスキルはどのようなものですか?

キャリアの棚卸しをすることで、自分の強み、そして弱み(今後身に付けたいスキルや知識)が見えてきます。

またスキルや経験だけに着目せず、これまでやりがいのあった仕事や達成感を得られたことはどのようなことだったのか?も是非考えてみてください。

2.キャリアプラン/ライフプランを考えてみる

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

これまでに積んできた経験やスキル、今後身に付けたい経験やスキルが明らかになったら、今後どのように働いていきたいのか?を考えてみます。具体的でもいいですし、ぼんやりとでも構いません。

例えば「5年後にはこの会社で管理職になる」「10年後は、分野は決まってないけど独立してフリーで働いている」などです。

また仕事だけでなく生活面も考えてみてください。「3年後までには結婚していたい」「35歳までに第一子を出産したい→第一子の小学校入学は41歳頃」などです。

3.人に話を聞きにいく・相談する

2115dc89014b75310730b16180ca5377_s

目指す姿が決まったり、もしくは全然見えてこなかったりしたら、誰かに話を聞きに行ったり相談したりしましょう。職場の人だけでなく大学時代・高校時代などの友人や先輩など、普段は交流がない人でも良いのです。

リアルな話を聞くことで自分の将来像も明確になったり、明確にならなくても当面の課題が見えてきたりするはずです。

この3つをやってみて、転職に動くか、現職に留まるかを考えてみてください。案外、現職に留まるメリットが大きいことに気がつくかもしれません。

結婚が決まってる人・既婚者の人は?

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s

既に結婚が決まっている方の転職は、あまり得策でないかもしれません。結婚という大きなライフイベントと転職が重なることはワークとライフの環境変化が同時に来るということなので、精神的にも大きな負担になります。

また既婚でなるべく早く出産したい人が転職すると、転職してすぐ妊娠というわけにもいかなかったり、すぐ妊娠すると充分な実績を積めないまま産休育休に入ることになり、復帰しても時短勤務や子供の病気で休んだり…と、活躍の糸口がつかみにくくなります。

まとめ

ワーキングマザーはすっかり一般的になりましたが、多くの人が葛藤を抱えてモヤモヤしながらヘトヘトになっているのも現実です。

今の職場で培ってきた実績や信頼は、思うように働けなくなったときにこそ生きてくるものかもしれません。悩んでいるときは視野が狭くなりがちなので、一歩下がって客観的に自分を見つめなおしてみてくださいね。

ライター情報

ALIA0855_1

Writer:くみこ

キャリアコンサルタント(国家資格)

人材派遣会社や大学でのキャリアカウンセラーを経て独立。

2005年から始めた「女性の生き方とキャリアを考えるブログ」は12年目。
http://lifecareer.exblog.jp/

個人の方からのご相談(面談/スカイプ/メール)もどうぞ。
http://lifecareer.exblog.jp/19830030/

Share on Google+1Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone