40代女性が転職すべきか迷ったら、考えたい3つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

40代女性の転職、なかなかハードルが高いのが事実です。よほど就職に有力な資格や、キャリアがあるなら別ですが、一般的に雇用する側としては、これから長く勤めてくれる人を求めているもの。

その点から考慮しても不利ですし、体力面や適応力から考えても、若い人に比べて劣る点が多いことは否定できません。

私自身40代で転職を経験した一人ですが、成功したこともあれば、もちろん失敗したこともたくさんあります。

その経験から感じたこと、反省したことについてお話したいと思います。迷っているみなさんの参考になれば幸いです。

1.基本は現状維持、若い頃よりは、さらに慎重に

c33004cee0ec0e5ca3230c378f7194e6_s

様々な意見があるとは思いますが、私自身の経験から言わせてもらえるなら、40代での転職はあまりお勧めできるものではありません。求人も少なくなりますし、条件も厳しくなってきます。

新しい仕事を一から覚えるのもきつくなりますし、転職には体力も精神力も必要ですので、40代という年齢にとっては困難な道のりであるとも言えます。

本当に現状維持は無理なのか、再就職できる展望はあるのか、十分に検討して行動することをお勧めします。若い頃のように思い付きや勢いで行動するべきではありません。

2.それでも転職するなら、十分な事前調査と検討が必要

49b923803051cc78da39afc27641ff69_s

私自身が、40代で転職して失敗したケースが二つあります。一つ目は「体力的に自分では可能だと思っていたが、実際には無理だった」というケース。

自分の体力を過信しすぎて失敗したケースであり、最終的には体調をこわして入院する羽目になりました。

二つ目は「必要以上に期待され、それに応えられなかった」というケースです。

40代でキャリアもあるから、このくらいの働きはしてくれるだろうと期待された挙句、それに応えられなかったケースであり、40代で自分が雇用された理由を把握できていなかった私にも落ち度があります。

このように、再就職できた場合でも、なぜ自分が雇われたのかをきちんと分析しておかないと、再び職を失う事態を招く可能性もあります。事前にしっかりと再就職先の調査を行い、自分の適性を十分検討する必要があります。

3.これらをクリアしたのなら、むしろ未来は開ける

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

これらをクリアしたのであれば、むしろ後は若い世代の転職よりはスムーズかもしれません。

若い頃より、格段に自分自身をわかっており、人生経験も豊富な40代であれば、一般的なマナーや人間関係の対応などについては、すでに熟知しており、新たに学ぶ必要がありません。

また、女性として、子育てにおいて一段落し、仕事に集中できる世代でもあります。

ただし、新入社員として、自分より若い人に指示や指導を受ける事態は避けられませんので、余計なプライドは捨てる必要があります。

私自身、このプライドを捨てられずに失敗した経験もあれば、割り切って一切捨てると決意したことにより、成功した経験もあります。40代の転職においては、このプライドが、重要なポイントになるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしょうか、安易に転職するべきではないが、一方、経験も知識もある40代での転職、ゆるぎない決意とそれなりの展望があるのであれば、逆に年齢自体が強みになるのではないかというのが、私の考えです。

ご自身の転職について、もう一度よく考えてみて、あなたにとって最善の方法を選択してくださいね。若い頃には不可能だった、実り多い転職が可能かもしれませんよ。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone