大ベストセラー絵本「100万回生きたねこ」がいつの時代も大人女子の心を揺さぶりまくる2つの理由

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

1977年に出版され、長期間にわたり幅広い世代から愛されている絵本「100万回生きたねこ」、ご存知の方も多いかと思います。

これが実は、現代社会の様々なストレスを抱えてがんばる大人女子にぴったり!

子供のころに読んだけど、大人になってからは読んだことが無い、という人はこの機会にぜひまた読み返してみてください!

子供の興味を引きやすいのは面白い絵本

子供の頃に読んだ、もしくは読み聞かせてもらった絵本。

当時は絵が綺麗だったり、お話しがおもしろかったり、はたまた読んでくれているお父さんやお母さんの顔が面白かったり、そんな事は覚えていても、内容まで深く考える事は少なかったと思います。

多くの子供が、面白い絵本がすきです。楽しい内容で、明るい絵が描いてある本を好みます。

もちろん、子供ながらに考えさせられた絵本もたくさんあると思いますが、是非大人になって読み返して欲しい一冊、それがこの大ベストセラー「100万回生きたねこ」です。

大人女子には胸に突き刺さる理由

reading-1209174_960_720

筆者は子供時代、この絵本はあまり好きではありませんでした。何度か読んだり読んでもらったりしましたが、それほど印象に残る場面があるわけでもなく、威張った猫が可愛いとも思えませんでした。

この絵本、ある猫が色々な飼い主に飼われてはなかなか可哀想な死に方をします。しかし、何度も何度も生き返り、百万回も生き返ります。そして最後は野良猫になり、白い猫と出会います。

白い猫が死んだ後、百万回生きた猫も死んでしまい二度と生き返らなかった、というお話しです。

この猫は、色々な飼い主に飼われ、愛されていましたが、猫は飼い主ことを一度も愛したことがなかったのです。この絵本は愛する事の大切さ、素晴らしさを、再認識させてくれる絵本です。

子供のころにはあまり理解できなかったこのテーマ、お疲れ気味の大人女子には胸に突き刺さることでしょう。

もう生き返らなかった猫

白い猫に出会った猫、大切な存在を失い、本当の悲しみを知りました。愛されることよりも、愛する事の大切さを知り、白い猫を追いかけて行きました。だから、もう生き返ることはなかった。

生き返ることを望まなかったのだと思います。天国でも、愛する白い猫と一緒にいたかったのではないでしょうか。

猫は、自分の事にしか興味がありませんでした。何度も生き返っていることを自慢して、愛されることが当たり前でした。しかし、白い猫との出会いが、猫の意識を変えました。

様々な愛情を注がれて立派に育った現代の大人女子たちは、パートナーや身近な子供など、今は愛情を注ぐ機会のほうが多くなってきたのではないでしょうか。

だからこそこの絵本は、今でこそ読み返したい、今でこそ心にしみる絵本なのです。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

まとめ

このように、大人になってから読み返してみると、子供の頃には理解できなかったこと、なんとなく読んでいたことが、実は深いお話しだったという事がたくさんあります。

昔、自分が手にした絵本を、お子さんに読んであげると意外な発見があったりするかもしれませんね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone