胃の調子が悪いときにおすすめの食べ物と早く治すコツ7選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

1.胃の調子が悪いとはどういうことか

919e50ef51bc2a7555802d6121fd8cdc_s

一口に胃の調子が悪いといってもいろいろあります。いつも大丈夫なのに突然調子が悪くなる人、わりといつも調子が悪い人、重く感じる人、痛いと感じる人、吐き気を感じる人など。

そんな時まず考えるのはストレス・食事・病気が原因の場合です。

2.自分の状態を知ることが大切

健康診断などで胃になんらかの症状があると言われた人は自分の状態を知っているので原因も分かりやすいですが、自分の状態を知らないと不安を感じると思います。

ぜひ普段から自分の状態を知っておいてください。

3.今の自分の状況を考えてみる

5ddef4bfc6d0960d5e3c438e8413e9fa_s

今まで調子が悪くなったことが無い人の場合、例えば環境が変わりストレスを感じている、食べなれないものを食べた、そして一番注意が必要なのが病気が原因の場合もあるということです。

思い当たることが無いのに調子が悪いときは病院へ行くことも考えましょう。

4.いつも調子が悪いからと見過ごさない

いつものことだからと放っておくと大変なことになることがあります。定期的に検診を受けたり食事などに気を付けましょう。

5.胃に優しいおすすめの食べ物とは

病気が原因で吐き気などがあり、食事がとれないような場合を除き胃の調子が悪いからといって食事をとらないのは逆効果です。

だからと言っていつもと同じような食事では胃に負担がかかるし食べづらいと思います。そんな時はできるだけ食物繊維や脂肪が少なくやわらかい食事をとるようにしましょう。

6.気を付けることとおすすめの食事

f54ad592d592e4d52a80096bbf3cfb15_s
香辛料を多く使ったり、甘みが強いもの、塩味の強いもの、酸味の強いものやアルコール・コーヒーなどは控え、お粥やうどん・煮魚や蒸し魚・鍋料理、脂の少ない肉類や、豆腐・ひきわり納豆、そして繊維の少ない野菜、南瓜・じゃがいも・バナナ・りんごなどがおすすめです。

7.自己判断はやめて

胃の調子が悪いけどいつものことだしストレスかも、などと放っておくのはやめましょう。食事などに気を付けても調子が良くならないときは病院へ行くことをおすすめします。

特に普段から胃の調子が悪く、市販の薬などを服用している人はなかなか調子が良くならないと思ったら検診に行くことを考えましょう。

胃の調子が悪いと家事や仕事にも影響し、放っておくとほかの重大な病気に発展してしまうこともあります。

たいしたことないと思ってそのままにしておかずに気になるときは検診などを受けましょう。自分の体は自分で気にしてあげてください。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone