ニキビかと思ったら!粉瘤(ふんりゅう)で手術する場合の費用・流れ・術後の痛みとは

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

粉瘤という言葉を知っていますか。一見ニキビと見間違える小さなしこりですが、じつは良性の腫瘍です。良性ですが、手術が必要になる粉瘤について調べてみました。

1.原因は何?

02c8b42adfec802602e41f78687685b9_s

表皮は細胞分裂を繰り返し、角質層となったあとあか(垢)になって剥がれ落ちます。それが毛穴の一部分の組織の皮膚の深いところが袋状になり、その袋の中に垢がたまってこぶのようになっていきます。

生まれつきの体質による場合もあります。小さい場合は経過観察することもありますが、放置すると肥大化したり膿が出たりすることがあります。

2.手術が必要になるのは?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

粉瘤が炎症を起こすと激しい痛みを伴うほか粉瘤は自然に治ることはないので、なるべく小さいうちに手術で袋ごと取り出す必要があります。

ただし炎症が強く、さらに化膿している場合は、はじめに切開し膿を出した後に、薬を使用して傷が落ち着くのを待ち、炎症が治まってから粉瘤を摘出するための手術を行います。

その際に良く行われる手術が単純切開法で、皮膚を切開して、粉瘤を取り除いて縫い合わせる方法です。手術は部分麻酔により行われ、粉瘤の取り残しが少なく再発率が低い、根治的な治療であるというメリットがあります。

ただ傷跡が大きくなるため目立ちやすく、縫合跡が残りやすいというデメリットがあります。

3.新しい手術法

55e02942eaa64e441d7c7a9fec39568b_s

最近取り入れられているのがくりぬき法と言われる手術法で、まず部分麻酔をかけて粉瘤中央を含む4〜5mmほどの範囲に穴を開けます。その穴から粉瘤の内容物を絞り出した後、円柱状に粉瘤をくり抜く方法です。

この方法のメリットは、傷跡が小さくて済む、排膿と粉瘤の切除が同時に出来る、手術時間が単純切開と比較して短く済む、痛みが少ないといったメリットがあります。

傷跡が小さくて済むので、顔に出来た粉瘤の除去にはこの方法が取られることが多いようです。ただ、小さな穴から粉瘤を取り出さなくてはならないので、粉瘤と周囲の組織が強く癒着していると、完全に取り除けないことがあります。

そうすると、粉瘤が再発してしまう可能性があり、その場合は粉瘤が大きくなってしまう前に単純切開で粉瘤を完全に摘出する必要が出てきます。

また、くり抜き法の場合は傷口の縫合を行わないので、傷が塞がるまでに2~3週間程度かかるとされています。

4.費用と手術の流れ

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_s

小さいもので約¥5,000 、少し大きいものだと 約¥12,000~15,000ほどです。そのほか超音波検査、初診料、再診料、薬代がかかります。血液検査を行うこともあります。

受診の流れは初診、手術予約、手術、術後の抜糸を含め1,2度の再診となります。4術後の痛みはある傷による痛みが翌日まで続くことはほとんどありませんが、その人の状況によっては痛み止めを処方してもらえます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone