つらい頭痛を早く治したい!すぐにできる5つの裏ワザ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

頭痛は日常的な痛みの中でもつらい症状です。特に女性は毎月の生理があるので、頭痛は避けて通れないのが憂鬱ですね。

実際に、女性の半数以上は「生理前後の片頭痛」を経験しています。痛みが出た時、すぐに薬に頼らず簡単にできる頭痛の治し方を実践してみましょう。

1.水分不足を解消する

yuka160322230i9a4320_tp_v

体の中の水分が失われると、血液の濃度が高くなってドロドロになります。そのため、血行不良を起こして頭に十分な血液が行き届かなくなり、頭痛が起こります。

私たちは気付かないうちに、汗や尿によって日常的に体内の水分を失っています。頭痛が起きる前に、こまめな水分補給を心がけることで脱水による頭痛を防ぎます。

2.カフェインを摂取する

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

コーヒーや緑茶に含まれる「カフェイン」には、血管の拡張を抑える働きがあります。片頭痛などは、拡張した血管が神経に触れることで引き起こされています。

カフェインは頭痛薬にも配合されている成分なので、片頭痛の症状が強く出る前に、コーヒーや緑茶を飲むことで痛みを和らげます。

ただし、カフェインを摂りすぎると胃痛や貧血などのデメリットもあるため、飲み過ぎないようにしましょう。

3.「片頭痛」は保冷剤で冷やす

e0914407a0692165535aa08922a7cf89_s

片頭痛で、血管の拡張により頭痛が起きている時、外側から冷やすことで痛みを抑制します。タオルに保冷剤をくるみ、太い血管の通っている首筋や、こめかみなどの痛む場所を冷やします。

また、音や光の刺激も片頭痛を引き起こす原因になるので、静かな暗い部屋で安静に過ごしましょう。

4.「緊張型頭痛」は温める

dd9563daa457332989ce876ea64c39bb_s

長時間、同じ姿勢を続けるデスクワークの人に多いのが「緊張型頭痛」です。筋肉のコリやストレスが原因で、首や肩の血流が悪くなり、頭痛を引き起こします。筋肉のコリに有効なのは温めることです。

お風呂にゆっくり浸かる時間のない人は、温かいシャワーを浴びて筋肉の緊張をほぐす事により、痛みを和らげます。長時間、同じ姿勢を保つ仕事をしている場合、適度にストレッチをしたり、蒸しタオルを当てる事で血行が良くなります。

5.頭痛に効くツボを押す

2feb70e51fd00f20eaa1151e43aba272_s

頭痛の症状別に「百会」「天柱」というツボを刺激します。「百会」は、ちょうど両耳と鼻の延長線上にある、頭のてっぺんにあるツボです。

息を吐きながら指の腹で押すと、片頭痛や眼精疲労による頭痛を和らげます。「天柱」は、首の裏側にある髪の生え際付近、太い2本の筋肉のくぼみです。

首や肩のコリによる頭痛や疲労回復、ストレス緩和などの効果があります。3秒押してから離すのを繰り返すことで、血流を改善します。

まとめ

いかがでしたか?頭が痛いと仕事や家事が手につかなくて憂鬱な気分になります。

「市販の鎮痛薬で痛みをごまかす」という人も多いと思いますが、それは一時しのぎに過ぎないので、根本的な解決策ではありません。できる事なら薬に頼らずに頭痛を治したいですね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone