急増してます!ドライアイの主な症状とオススメ予防策5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

自分が「ドライアイ」ではないかな?と感じたことはありませんか?特にIT化が進む現代ではドライアイを認識する人も多いようです。

そもそもドライアイって何だっけ?

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

ドライアイは、PCやスマホの長時間の使用やエアコン等による室内の乾燥などがきっかけとなって、涙の量や質が変化することによっておこると言われています。

ドライアイの症状としては、目が乾く、異物感がある、目が疲れやすい(眼精疲労)、充血している、光が眩しく感じる、視力が落ちるなどが挙げられます。

そのまま放置しておくと、大切な目の角膜や結膜を傷付けてしまうことがありますので、自身で症状を認識したら、早めに予防をしたり、受診を心掛けましょう。

ドライアイの予防は個人的な体質や生活環境によって異なりますが、主な予防策としては以下のものがあります。当たり前と思わず、まずは実行です。

1.まばたきを意識する

52bab80b7489151b809388ba3089b5fd_s

当然のことながらまばたきは目を潤します。PC作業等をしているとまばたきの回数はとても少なくなっていますので、意識してまばたきをするようにしましょう。

まばたきの際は少し目を閉じている瞬間を長くすることも良いでしょう。

2.定期的に休憩をする

a440cec54e171b75c1a36de8438a95a2_s

パソコン作業やデスクワークなど、同じ距離を見ていることやブルーライトの影響で目は乾き、疲れます。1時間に10分など定期的に目を休めるようにしましょう。

休憩が取りにくいようであれば、トイレに行ったり飲み物を飲んだり。部屋の中でもなるべく遠くを見るだけでも目の筋肉をほぐす効果があります。

3.パソコン作業の環境を整える

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

パソコン作業の際は、画面を若干見下げるような配置にしましょう。また、画面が明るすぎないように調整しましょう。必要に応じてブルーライト対応のメガネの使用も有効です。

4.エアコンの環境を整える

92180f0771cda4e12719fbb7b2fb58bf_s

室内の湿度を調整し、乾燥させないようにしましょう。必要に応じて加湿器の使用も有効です。乾燥は冬だけではありません。夏場のエアコン使用の際にも配慮が必要です。

また、エアコンの送風が直接当たらないようにしましょう。

5.目のケアをする

c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_s

・目および目の周囲(アイマスク程度の範囲)を温めます。

最近は専用の商品も販売されていますので出先でも手軽にできますが、蒸しタオルも有効です。

(蒸しタオル・・・タオルを水で濡らして絞ってから、電子レンジ500Wで約1分。ラップに包んだりジップロックに入れても良いですが熱くなるので取り出し注意です。)

・市販の目薬を活用する。

涙に近い成分であれば悪影響はなく、1日に何度も使用することができます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone