今すぐ治したい喉の痛み!本当に良く効く3つの方法とは?

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

風邪のひき始めに起こる喉の違和感や、唾を飲み込むのでさえツライ喉の痛みは、誰でも経験がありますよね?

何らかの原因によって喉に炎症を起こし、痛みを発症している時、すぐに実践できる方法にはどんなものがあるのでしょうか?

1.首元の保温・喉の保湿

saya160105202992_tp_v
喉の痛みの大半は風邪によるものです。喉の粘膜に細菌やウイルスが付着すると、そこから増殖して炎症を起こします。

体の冷えは免疫力の低下につながるので、まずはマフラーやタオルなどで首元を覆い、しっかり温める事が大切です。

細菌やウイルスが活発になるのは空気が乾燥した場所です。加湿器で部屋の湿度を一定に保ったり、マスクをつけて喉の乾燥を防ぐようにします。

加湿器の代わりに、濡らして絞ったバスタオルを部屋に掛けたり、就寝時に首から口元まで覆うタイプのネックウォーマーをつける事で保温・保湿をするのも効果的です。

2.うがい・水分補給をする

yuka160322230i9a4320_tp_v

市販のうがい薬でこまめにうがいをすることで、細菌やウイルスを撃退します。

「カテキン」には殺菌作用があるので、緑茶を使ってうがいをするという方法もあります。

また、こまめに水分補給をして喉を潤すことも大切です。温かい緑茶や紅茶は殺菌作用やリラックス効果もあり、痛みを緩和して喉を保温してくれます。

また、喉の炎症を鎮めたり疲労回復効果のある「ハチミツ」を入れて飲むのも効果的です。

ショウガや大根にも消炎作用や咳を鎮める効果があるので、すりおろして温かい飲み物に混ぜると飲みやすくなります。

「葛湯」のとろみ成分も、喉の粘膜を保護して乾燥を防いでくれるので効果的です。

3.痛み止めや喉スプレーを使う

「ペラックT錠」は、喉の炎症を抑える薬として人気です。

7歳から服用可能で、眠くなる成分を配合していないので運転をする人や、お仕事中でも安心して飲めます。

「葛根湯」は風邪のひき始めに効果を発揮しますが、すでに喉の痛みが強い時は効かない場合があります。

「桔梗湯」などの漢方薬も、喉の痛みに効果的です。

また、痛みを早く鎮める「ロキソニン」「カロナール」などの他、患部に直接スプレーして、喉の炎症を抑えるタイプの物もあります。

まとめ

いかがでしたか?喉の痛みの原因や症状はさまざまですが、日頃から気を付けるべき事もたくさんあります。

「アルコールやたばこを控える」「睡眠・休息をしっかりとる」「バランスの良い食事をする」など、日々の心がけで喉の痛みを予防する事から始めましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone