痛い口内炎を早く治したい時!今すぐできる4つの方法

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

気付いたらいつの間にかポツンと口内炎ができてしまい、食事をするのもつらい時ってありますよね?

不規則な生活でストレスが溜まっていたり、噛み合わせが原因で舌や頬の肉を傷付けてしまったり、口内炎ができる原因はさまざまです。

つらい口内炎を一刻も早く治したい時には、どんな方法があるのでしょうか?

1.うがいをして口の中を清潔に保つ

cfa692e6daadbe9d9b718599116d6c4f_s

口内炎ができ始めたらすぐにうがいをする事で、悪化してしまうのを防ぐ事ができます。

口内炎の早期治療は、患部を清潔に保つことが何よりも重要です。

うがい薬や、殺菌成分入りの洗口液が市販されていますので、口内炎ができてしまったら、なるべく早い段階で、毎食後と寝る前には必ずうがいをするようにしましょう。

2.塗り薬を患部に直接ぬって治す

c534ad9617e817b4362214f08a13d9c0_s

塗り薬を使用する時は、先にうがい薬や殺菌成分入りの洗口液でうがいをして、口の中を清潔にしてから塗るようにします。

病院で処方されるステロイド系のものと市販されている塗り薬で、種類や効果が少し異なりますが、いずれも患部を清潔にしてから塗ることで早く炎症を鎮めます。

軟膏以外にも、シールタイプの塗り薬やスプレー式の薬などがあります。

3.ビタミン剤を飲んで体内から治す

e5324ef2f6cfe22b7c7502b2ba6e57b7_s
現代人は日々の生活で、多くのストレスを抱えています。不規則な生活で睡眠不足だったり、偏った食事でビタミン不足になると、口内炎が出来やすくなります。

特にビタミンB2・B6は、口内炎の予防と治療に重要な栄養素です。日頃、不足しがちなビタミンを配合した錠剤を摂取することによって、体内環境から改善することも大切です。

肌荒れやニキビケアに有効なビタミン剤は、口内炎を緩和する効果も期待できます。

4.昔ながらの治療方法を試してみる

8cd8c7d8c4e77ec3bc7cdb4254218a93_s

「塩」には殺菌効果があるので、自宅で手軽に作れる食塩水でうがいをします。

「粗塩を直接、患部に擦り込んで治す」という方法もあるようですが、激痛を伴うため自己責任になります。

その他にも、消炎・殺菌作用のある栄養豊富な「ハチミツ」を患部に塗るという方法もあるようです。「マヌカハニー」と呼ばれるハチミツは、口内炎や口臭に効果があると注目を集めています。

まとめ

いかがでしたか?

痛くてつらい口内炎があると食事も楽しめないし、気分も憂鬱になるので一刻も早く治したいですね。

しかし、セルフケアで改善せずに口内炎が広がってきたり、発熱や倦怠感を伴うなどの症状が出た場合、ウイルス性の感染症や舌がんなどの重大な病気が潜んでいる可能性もありますので、必ず歯科医院や口腔外科などを受診しましょう。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone