動物好き、猫好きにおすすめの小説「旅猫リポート」を絶対読むべき理由

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

小説に限らず、とにかく動物が好きで動物が出てくるお話の好きな方はたくさんいると思います。

フィクションでもノンフィクションでもこだわらない、そんな人におすすめの小説をご紹介します。

1.有川浩さんについて

ご存知の方も多いと思いますが、最近とにかくよく聞くお名前だと思います。ドラマ化や映画化された作品も多くそこからファンになった方も少なくないのではないでしょうか。

この方の作品はとにかくジャンルが幅広いこと。SFファンタジーや恋愛ものからおっさんが主人公のものまで悪く言えばバラバラです。

でもどの作品もとても分かりやすく読んでいると映像が浮かんでくるような気がするのです。

それはどの作品を読んでも同じで、普段あまり読まないジャンルの作品もこの人の作品なら読んでみたいと思ってしまいます。

2.旅猫リポートについて

そんな有川さんの作品の中で動物好きな方にお勧めしたいのが「旅猫リポート」です。

タイトルから最初は猫と楽しく旅をしたお話しかな、と思いました。

主人公(私は猫のほうが主人公だと思っています)と人間の出会いから旅を始めるまでを読んで最初の印象が全く違うことに気づきます。

少し、読むのがつらくなりそうな予感を持ちながらやはり 読みやすくどんどん読み進めてしまいました。

猫と人間の楽しい旅と悲しいその理由が一緒になって途中で読むのをやめようかと思ったこともありました。お話だと分かってい てもどうしても最後まで読むのがつらくなってしまったのです。

初めて読んだときは涙が止まらず二度と読めないかも、と思ったほどです。でも、あの世界観を感じたくてまた 読んで結局また泣いてしまうということを繰り返しています。

3.おすすめの理由

動物がでてくる作品は数多くあり、楽しいもの、悲しいものもいろいろありますが、この作品はとにかく思い入れができると思います。

動物を飼ったことがある人なら経験したことのあることや、飼えなくても外で動物を見かけると気になってしまう人そして猫を飼ったことのある人なら必ず感じる自分のよく知っている猫のしぐさや行動がとにかく身近に感じられるのです。

猫と車で旅をする、ということ自体はあまりないことかもしれません。車が好きで落ち着いて乗っていられる猫を私は知らないからです。

でも旅先での人間やほかの動物との触れ合いはありそうだなと思えます。旅の理由は真似したくないけれど、猫とこんな旅ができたらいいなと思える作品です。

4.読み終わって感じた事

m010024

初めて読んだときはただ悲しくて何も考えられなかったのですが、少し落ち着いてくるといろいろなことを考えました。

自分は猫に何がしてあげられるか、自分の命と動物の命について、猫にとって自分にとって一番いいこととは何かなどなどです。

今ではこの作品はただ悲しいだけではなく、たくさんのことを考えさせてくれるとても大切な作品です。

ぜひ多くの人に読んでもらいそれぞれがいろいろなことを考えるきっかけになればいいなと思います。

旅猫リポート (講談社青い鳥文庫)

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone