まだまだいける!20代30代男性からも恋愛対象として見てもらえる40代女性の特徴5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

女性の若さというものはものすごく価値のあるもので、婚活市場では40代の女性はかなり不利な立場にあるようです。

しかし、20代・30代の男性に「40代女性は恋愛対象になるか」というアンケートを取ると、半数以上が「恋愛対象になる」と答えたそうです。

ただし「美人なら」「養ってくれるなら」「おばさん臭くなければ」など「条件次第では恋愛対象になる」ということのようです。

どういう女性なら恋愛対象になるのでしょうか。

1.おっとりしていて癒し系の雰囲気

d556c1b24bd6061436da4c486fb59a26_s

男性が結婚や恋愛に抱いている悪いイメージのひとつに「彼女をチヤホヤとマメにかまってあげないと拗ねて面倒くさい」「なにかあるとヒステリックに怒る」というようなものがあります。

要は、このご時世、まだ若く収入も少ない、日常生活だけで精いっぱい、日々忙しくしているようなサラリーマン男性は「今でも大変なのにこれ以上面倒に巻き込まれたくない」「彼女や妻にチヤホヤとサービスする気力が残っていない」ということで、現状維持のほうがまだマシという志向になっているのです。

その反面、疲れている、ストレスがたまっている、ということが多いので、「癒されたい」という気持ちは人一倍あります。

ですから、性格が穏やかで、見た目も癒し系のほんわかしたタイプの女性であれば、「ああ、この人に癒されたい」という気持ちになり、恋愛対象となるのです。

40代の落ち着きや包容力がモノを言いますね。また、恋愛経験を積んでいるので、ちょっとやそっとじゃ感情的にならず落ち着いて行動ができる点も評価されるでしょう。

ちょっとヒステリックな部分がある、という女性は、隠していても何かの拍子に出てしまうので、根本から直していきましょうね。

2.収入が安定していて共働き思考

8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s

現代の若者が恋愛や結婚になかなか前向きにならないのは、「付き合ったらデートやプレゼントにお金がかかりそう」「結婚したら少ないお小遣いでやりくりさせられて、好きなことが何もできなそう」などと、恋人期間中や結婚後の生活に経済的な恐怖を抱いているからです。

平均年収がここ何年も下がっているので、自分の収入じゃ彼女を満足させるデートもできなければ、結婚後の生活も支えられない、家庭を持ちたい夢はあるものの、現状は厳しいかな、というわけですね。

婚活で「専業主婦志望」「相手の年収はこのくらいはないと」という女性をたくさん見て来た人なら、さらにその気持ちは高まります。

ここで「仕事が好きだから結婚しても辞める気はない」「家計の半分、もしくはそれ以上は支えられる」「エステなどの贅沢は自分の収入でするから、あなたも趣味なんかは勝手にしてよい」というような方針を打ち出していくと、男性側は恋愛・結婚に積極的になる傾向があります。

さらに40代くらいだとそこそこ出世していて、マンションも購入済みで「結婚後はうちのマンションに住んでもいいよ」くらいの経済的余裕のある人なら、なおさら若い男性からの人気は高いでしょう。

それってヒモみたいな人が寄ってこない?と思うかもしれませんね。

一部確かにそういう人もいるので注意は必要ですが、ちゃんと自分の食いぶちくらいはしっかり稼ぎたいと思っている人のほうが多数なので安心してください。

あなたが経済的に安定しているのならヒモ化したら追い出せばいいだけですから、前向きに検討してみましょう。

3.スタイルを維持している

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

モデル体型とまではいかなくても、中肉中背、適度に引き締まった、健康的なスタイルをキープしていることは大事です。

体重が変わっていなくても、贅肉というものは年を取って重力に引き下げられて、ダルっとした印象になっています。ある程度筋肉を付けて引き締まった印象にすることが大事です。

ちょっと太ったけど服で隠れているから大丈夫、なんて安心していませんか?顔、表情などに顕著に出てきますよ。

そうなるともう男性から見た印象は「おばちゃん顔」です。これでは恋愛対象にはなりません。

毎日ジムに通ったりする必要はなく、暴飲暴食を控え、お酒や間食はほどほどに、毎日体重計にのり数値をチェック、増えていたら食事量を調整、寝る前にストレッチをしたり、エスカレーターでなく階段を使ったり、その程度でいいんです。

一番いけないのは気を抜くことです。気を抜くと「小太りのおばちゃん」になるのはあっという間です。




4.ファッションやメイクのセンスがいい

c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s

ファッションやメイクはおそろしいもので、その人の印象が大幅に変わりますね。

スタイルキープと一緒でファッションやメイクも気を抜くと「服装がなんか古臭くてひと昔ふた昔前の香りがする」「なんだか塗りたくって隠そうとしている感が出ているうえ、しわが目立つ」「ナチュラルと称して手を抜いて、なんだか女を捨てている感がある」となってしまいます。

原型からかけ離れたような濃い化粧も、なんだか流行遅れの変なファッションセンスも、ありのままを生かしたあまり手をかけないファッションやメイクも、その人若ければそこそこ見られるものに仕上がってくるのですが、それが40代となると「痛々しい」「おばさん」という印象にしかなりません。

20代の流行のファッションやメイクを取り入れるのはまた違う「勘違い」系になってしまうので、年齢にあった、綺麗な大人の女性を目指してくださいね。

5.謙虚で言動がかわいらしい

f4654405ac94fc3fbaeb5aedd7a9864f_s

20代や30代の男性からすると40代の女性というのはいわゆる「おつぼねさま」っぽいイメージがどうしても抜けません。

人生経験を積んできただけあって、いろいろ知識や能力が豊富なぶん、年下の男性と話すときに、ちょっと上から目線で話したりしてしまう部分がありませんか?そういう態度だとやはり恋愛対象としてみれません。

だいぶ年上であっても、謙虚で素直、言葉遣いや動きもかわいらしく、時に赤くなって照れたり、一生懸命な顔をしていたり、要所要所で男性を頼ったり甘えたりするような、そんなかわいらしさを兼ね備えている女性は、いくつになっても恋愛対象なんですね。

高圧的で偉そうな態度は嫌われます。かわいらしさ、忘れないようにしましょう。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone