30代女性が好きな人に好かれるためには?試してみたい3つの方法

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

男性も女性でも、アラサーと呼ばれる年齢になると、家庭を持ったり、仕事でも重要なポジションについていたりと、社会的にも充実した毎日を過ごしている人も多いですよね。

独身である場合には、周りも身を固めていく人が多いので、結婚や恋愛がうらやましいと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、30代ならば、好きな人が出来たとしても、簡単に告白したりするのは難しいものです。

好きな相手が若い人などの場合には、こちらのことをおじさん、おばさんと認識してしまうこともありますので、やはり、気になる相手にアタックするのは、ある程度は玉砕覚悟でないといけないことも。

このような好きな人がいる30代は、気になる相手にどのようなアプローチをすれば良いのでしょうか?

1.相手が若い場合は年齢差のギャップを埋めるべし

08696d57284dcbfd43b6e2928c697501_s

もし、好意を抱いている相手がとても若く、10代や20代だった際には、こちらもある程度は諦めの気持ちが大切になります。

あまり過剰に相手に迫って、困らせたり、拒絶されたりするよりも、余裕を持って相手には接することが重要です。

そのため、まずは相手の悩みの相談役に徹したり、良き兄貴、姉貴のポジションでいたほうがいいかもしれません。最初は辛いかも知れませんが、少し距離を置いて相手と接することで、こちらも冷静になることも出来ます。

また、片思いの相手でも、いろんなことを相談したり、話をしたりしているうちに、この人はいいなあ~と感じ、逆に相手からアプローチをされることもあるかもしれません。

2.同年代の場合には結婚を視野に入れるか否かがポイント

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

それに、気になる相手が同年代のアラサー世代だった場合には、相手もそれなりに結婚などを意識した付き合いとなってしまうことも多いため、気軽に付き合えないと言う問題もあるようです。

この年代は、お互いに好意を抱いている場合、告白して付き合いだすと、すぐに結婚話に発展することも自然な流れとなってきます。

このようなケースは、安定したい人には良いかも知れませんが、まだまだ遊びたいと言うような男性や女性には、結婚を意識した付き合いは面倒と感じることも。

それに、まだ遊びたい男性などの場合は、女性から好き好きアピールをされると、極端に避けられてしまうこともあります。

このようなことも踏まえて、同じ同年代と付き合いたい、両想いになりたいと思うなら、相手が身を固めたい、結婚願望があるなどの気持ちがあるかどうかを事前に確かめ、本気の恋愛が出来るか、遊びの恋愛で済む相手なのか考えることも大事です。

3.どうせ無理だと考えるよりもトライしたほうが良い場合も

a0002_008650

しかし、いくら相手のことが好きだとしても、全く相手にされなかったりした場合は、潔く諦める気持ちも大事になります。

好きな相手に振られると言うことは、我慢できないほど辛いものでもありますが、それでも失恋などを乗り越えて、人は大きく成長していくものです。

このようなことから、相手のことを好きだとしても、失恋が怖くて逃げるよりも、ある程度時間を掛けて相手と接し、自分の気持ちを告白するのもアリです。

そうして玉砕したとしても、自分の気持ちもすっきりとしますし、次の恋を始めやすくもなります。

また、相手に負担とならないように、告白を断られたとしても、常に普通の態度で接するようにしましょう。

まとめ

30代で好きな人が出来ると、10代や20代とは違い、簡単に告白もOKを出せないこともあるものです。

だからと言って、相手を責めたり、断られた場合などには、あからさまに嫌がらせなどをしないようにしなくてはいけません。

あくまでもオトナの対応が必要となります。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone