つらかったからこその成長!女子が失恋から学んだ5つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

失恋っていうのは誰しも大なり小なりつらい思いをしますよね。でもいつまでも落ち込んではいられません。人生は有限ですし、若い時間はこの上なく貴重なんです。

失恋についてふりかえってみましょう。みんな失恋からいろいろなことを学び、反省し、人生の糧にしているのです。この悲しみのできごとが、いつか役に立ち、人生を豊かにしてくれるかもしれないのです。

1.ダメ男の世話をしても見返りはない

浮気症だったり、ギャンブル中毒だったり、仕事が続かなかったり。こういう明らかなダメ男と付き合ってしまう人いますね。私がいないとだめなんだから、献身的に支えて、将来ビッグになった、いつか改心したら、私に感謝するだろう。そんな考えの女性、多いようです。

ハッキリ言います。ダメ男を献身的に支えてもいいことはありません。多くの場合、そういう人はいつまでたってもダメ男です。変わることはありません。万が一、大成功してもアッサリあなたを捨てて成功者に合った女性を探すでしょう。

2.愛情を注ぎすぎると重い

好きな人ができると周りが見えなくなりますね。必要以上に尽くしたり、必要以上に不安になったり、必要以上に連絡をまめにとったり。徐々に変わると度を超えていることに気がつきません。終わってから気づくのです。

重い女性からは卒業しましょう。男性は得てして追われると逃げたくなるものです。重くなりがちな女性は、ちょっと逃げそうで危ういくらいを目指したほうがちょうどいいかもしれませんね。

12312312

3.小さなことが幸せだった

何気なく過ごしていた日常こそが幸せだったんだということに、終わってから気づく人は多いようです。旅行や記念日のディナーなど、特別なデートでなく、日々のちょっとした会話が価値のあるものだと気付けたんですね。

そういう女性は次に誰かとお付き合いするときは小さなことに感謝できるようになるでしょう。小さな感謝の積み重ねが、相手を思いやり、気づかいができるようになり、きっと次は長続きする幸せなカップルになれるはずです。

4.家族や友人のありがたみ

恋人とうまくいっているときは大切な人は恋人だけだと思いがちです。つらい時に話を聞いてくれる人、いざというときに助けてくれる人がどこかにいること、周囲のいろんな人に支えられて今の自分がいるということに、失恋をきっかけに気づくことは多いようです。

そういう気付きを得た人は今後、周りの人に感謝の気持ちを持ち、やさしくできるでしょう。優しい人は誰からも好かれます。きっと素敵な男性も現れるとおもいますよ。家族や友人を大切にできる人は周りからも大切にされます。

5.男性に幻想を抱きすぎなくなった

いろいろいいところがあったので好きになって付き合ったけど、だめなところや悪いところもあった。当り前のことです。完璧な人間なんていないのです。おとぎ話に出てくるような完璧な王子様なんてものは存在しないんです。

恋愛経験が乏しいまま大人になると、自分を好きになってくれる完璧な男性がいつかは現れると幻想を抱いてしまう人がいますね。失恋を経験し、完璧な人間はいないけど、自分に合う人間はどういう人間か、徐々にわかるようになりますよね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone