【30代仲人のそなえる婚活コラム第1回】出会いについてそなえる5つのこと

Share on Google+1Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

皆さん、はじめまして。30代現役仲人のさとゆかです。

結婚適齢期と言われるみなさんに取り巻いている現状は「結婚に憧れる」というより、「結婚は不安だ」と感じる人の方が多いかもしれません。

それは仕事・家事・育児…など今の状態に上乗せとなる可能性があるからです。

ここではその不安を少しでも緩和できるように「そなえる婚活に必要なこと」というコラムを書いていきます。

連載第1回目の今回は「出会いについてそなえる5つのこと」についてお話させていただきます。

1.出会いは安心ができる所を選ぶ

向かい合う男女と花瓶

みなさんは「出会いの場」と聞いてどのようなところを連想するでしょうか?

結婚につながるお付き合いをするためには人と出会うというのは必要なことであり、【どのような人と出会うか】がカギになります。

出会いのトラブルで多いのが、遊びやビジネスの勧誘、ただの暇つぶしなど、結婚に関して優先順位が低い、温度感が違う人と出会うことです。

婚活スタートしたてのころ、気軽にできるもので、婚活パーティーや街コン、スマートフォンアプリを中心としたネット婚活があります。

最近は街コンなどでも受付するときに免許証などの本人確認書類の提出がないと参加ができないということが増えました。

一瞬、安心できると考えてしまいますが、中古本の買取などのように免許証の番号を控えるなど、本人を裏付けることや温度感までは確認するということは難しく、あくまでも“自己申告の情報”となってしまいます。

また、友達(知人)の友達…という紹介で会う場合にも、紹介者から聞いている話と全く違う…というケースもよくあります。

過去の相談で「(紹介熱心な)知り合いが言うから、とりあえず会った。けど結婚自体に興味がない」と言われたということがありました。このような発言をされる方だったので、予想通りの結果でした。

その紹介者に相談やクレームを出すこともできますが、相手は「良かれと思って」という好意からの行動ですので、拗れるとその人との関係性が破たんする場合もあるので注意が必要です。

そして、このような出会いが続いてしまうと新しい出会いがあっても「また上手くいかないかも…」と考えてしまい、行動するのに躊躇してしまい、一歩進むのが怖くなるという、悪循環に陥ってしまいます。

このようなことに起こらないために、できる限り自分から情報を収集することがおすすめです。

紹介やイベントは「場所」という1つの過程であり、その場にいそうな人の「ふるい分け」をすることは自分の行動ですることができます。

集まれる場所がないと人には出会えず、最初に必ずある場所選びはとても重要です。

2.その場にいる参加メンバー年齢の「真ん中」を選ぶ

男女の後ろ姿

みなさんのお住いの地域にもよりますが、都内で婚活イベントを検索サイトで調べると膨大な件数が出てしまい、どれを選べばよいかわからない…という声をよく聴きます。

その時、みなさんはどのように選んで「ここに行こう♪」と決められますか?

日時と場所、対象条件(年齢)が該当していれば「ここに行こう」と参加ボタンを押す前に見てほしいのが、【その会に参加したあなたがどのくらいの年齢層にいるか】ということです。

たとえば、35歳の女性が「30代限定」というイベントと、「25歳~35歳」のイベントがあった場合に参加者の年齢層がどのくらいかを想像してみてください。

30代限定の場合、35歳は年上・年下どちらもバランスが良くいることに対し、後者の25歳~35歳の場合、自分が最年長になってしまい、いる男性は年下、もしくは同じ年だけとなります。

皆さんが年下、もしくは同じ年希望であり、そのイベントが「年下男性、年上女性」という趣旨であれば当てはまりませんが、男性の多くは自分より下(※見下しという意味ではなく、若い年齢、低い身長)の女性を求めています。

年齢は変えることができないものなのであり、特に婚活を意気込んでいる女性の場合には、席に着いた瞬間、面接官のように相手を見回す…というケースも多々あり、皆さんがどんなに魅力的でも、仲良くなる前に門前払いをされてしまうとその先につながることは難しくなります。

特に男性は学生のころから物活動などで縦社会を経験していることが多く、年齢が上というだけで先輩とみることもあります。

出会いの場で中間層の年齢の場合には、半分(近く)はその現象が起きず、また自分よりも若い男性でも「せっかくの機会だから話してみよう」という気持ちになる人も増えます。実際に話して、気が合えば問題ありません。

また、女性は本能的にいつまでもきれいでいたいという気持ちを持っています。

そのきれいを若いと考えることも多く、若い人ばかりの場所に行ったときに「私以外、若い(=きれい)な人ばかり…」と落ち込むこともあります。

そうならないためにも自分が真ん中でいることで、本能的に考えてしまう部分を変えることができます。ですが、年を重ねたことで得られる美しさは存在します。

それは皆さんの糧になるので、卑屈にならず自信を持ってくださいね。

ですが、私えらいでしょ!?という態度は年齢問わず禁物です。

3.その場にあわせた服装や持ち物を持つ

景色のいい風景に座る男女

私たちは3秒でその人の印象を判断するという、「初頭効果」というのがあります。清潔そうなスーツや服装の人=誠実な人と認識するのが、まさに初頭効果です。

婚活をしている多くの皆さんは【誠実な優しい人に出会いたい】と考えています。

これは女性だけでなく、男性も同じです。

今の時期は暑いので、オフの日はストッキングにスカートでなく、レギンスにミニスカートやショートパンツの組み合わせ、ゴムサンダルなど、ゆったりとしたパンツスタイルや、流行りの服装をしたいと考える女性は多いですが、女性が好きな服装を男性が好きとは限りません。

特に女性は“痩せて見せたい”という気持ちから夏だけでなく、冬でもタイツなどに黒を取り入れることが多いですが、黒は心を閉ざしている印象を与えてしまうことと、男性には明るい服装をする機会が少ないため、女性には自分とは違う色を着てくれたら嬉しいという気持ちがあります。

黒は靴やワンポイントとして使用する方が、誠実な印象を与えます。

また男性はこの女性と結婚を考えているかどうかは、このメラビアンの法則と同じように一瞬で判断し、「自分の親や知人に会わせることができるだろうか」と考えます。

その時にカジュアルすぎる見た目を男性に与え、「この人はちょっとないな…」と判断されてしまうと、余程のことがない限りその考えが変わることはありません。「この人お金かかりそう…(奢ってといわれそう)」と思われる全身ブランドで固める見た目も同様です。

このことに気を付けてほしいのは(特に)初めて会う時で、2回目、3回目…と徐々に仲良くなっていけば、少しずつ入れるのはありです。

4.出会いの場の費用対効果を考える

小指が赤い糸でつながった男女

皆さんはコンビニエンスストアで飲み物が欲しいとき、素敵なワンピースを見つけて買おうと思ったとき、店員さんにお金を払うかと思います。

婚活の場でも【自分が行動したものに対して、対価を払う】のが、いい出会いをするために必要な行動になります。

婚活パーティーを中心に世間の婚活の場ではまだまだ「女性は(値段を)安く、男性は(値段を)高く」という価格設定をしているところがありますが、この状況は「男性は(人が)少なく、女性は(人が)多い」という婚活市場と反しています。

男性側から見ると「女性が多いのに高いお金を払う」という状態になります。

なぜこのような現象が起きるのか?

それは男性が女性よりもたくさん稼いでいた、バブル期の考えをそのまま残しているからです。男性側も親や会社の上司、先輩が「男が払うものだ」という考えを持っているため、その影響を受けているというのがあります。

ですが、今は男女平等と言われる時代です。人によっては女性の方が稼いでいるということもあります。仕事をしてそれなりにきちんと収入がある場合には行動に見合う対価を払うこと。

「ただより高いものはない」と言われるように、無料や男性と女性の価格差に大きい場合には「俺はこれだけ支払いしているのだから」という横柄な態度の男性や、違う目的の男性もいるため、注意が必要です。

5.リアクションはわかりやすく

ハートマークのカードを持つ女性

女性の方が男性よりも言語によるコミュニケーション能力が発達しているため、会話のきっかけは女性が作った方がスムーズに進みます。

とは言っても、女性がしゃべりすぎてしまうと、男性は「(この女性は)話してくれるから(自分は)黙っていても問題ない」と認識し「もっと知りたい」という気持ちが失われてしまいます。

婚活の場に携わる中で、多くの女性に言いたいのは、【最初から完璧なコミュニケーションが取れる男性はほぼいない】ということです。

もし最初からたくさん会話をしてくれる男性がいる場合には、営業などで人に関わる仕事で鍛えられているか、もしくは女性慣れしているなどの環境によるものです。

私たち女性も最初は緊張しているように、男性も緊張します。

それにも関わらず、男性だけ完璧さを求めてしまうのは、4にもあげた、男性がリードするものであるという一昔前の考えによるものです。

自転車も最初にペダルを漕がないと動かないように、きっかけが必要です。

もし話が途中で止まってしまった場合には女性からそっときっかけを出してみてください。そして、会話が進んできたなと思ったら、あとは流れに合わせていけば大丈夫です。

もし他の理由でこの人はないなと思ったら、その逆の行動をすることで、よほどのことがなければ相手は引いていきます。

少し前のニュースでありましたが、うっかりした言葉で相手のことを傷をつけないように、言葉選びには十分注意してくださいね。

いかがでしたでしょうか?

夏本番を目前に出会いの場はたくさんあります。

ぜひこの5つのことを意識して素敵な出会いを見つけてくださいね。

ライター紹介

ライターさとゆか

さとゆか

30代現役仲人。
「現代社会にそなえる婚で叶える婚」のブログ(http://ameblo.jp/sona-con/)を中心に
次の世代が憧れる結婚をする人を作ると活動をしている。

Share on Google+1Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone