【アラフォー】気を付けて!40代の恋愛で意外とありがちな落とし穴3パターン

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ここ数年マスコミやニュースなどで、男女ともに晩婚化が進んでいることが話題になっており、社会的な問題にもなっていますよね。

この晩婚化にはいろんな理由がありますが、中でも多いのが、若いうちは仕事に打ち込み、ある程度の余裕が出てきたアラフォー世代になると、ほとんどの良いなあと思うような異性は、家庭を持ち、結婚している・・・というもの。

また、お互いに40代のアラフォーとなると、気軽に次の恋に・・・と言うことも出来にくいため、どうしても恋愛=結婚と言う図式も出てくるものです。

そのため、40代の恋愛には、このような意外とありがちな落とし穴というのがあるんです。ご注意ください!

関連記事:40代女性は恋愛対象になるの?男性の本音を聞いてみよう!

1.経済力がダイレクトに効いてくる

1231231

将来的なことを考えると、やはり生活するための資金は、ある程度の余裕が欲しいものです。そうなってくると、相手の男性には、仕事の安定性や収入の良さを求めて、付き合いを考えるという40代女性がほどんど。

そのため、どんなに魅力的な相手でも、仕事が不安定だったり、収入が低いとなると、これはダメだと判断し、他の男性を探す女性も多くなるのです。

2.収入以外にも生活力など総合的な判断が下る

123123

アラフォーの男女の場合には、自分の生活リズムと言うものが定着していることも多いため、そのリズムを崩されたくないと思う人も少なくありません。このような点も、アラフォーの恋愛事情には、大きく関係しています。

上記に挙げたように、40代になると、ほとんどの場合で、将来が絡んだ恋愛となりますので、一緒にいて気を使わない相手か、どれぐらい生活能力があるのかなども、恋愛相手として選ぶ場合には大事になります。

それに、いくら相手の条件が良かったとしても、極端なアニメや漫画好きだったり、ギャンブルが大好きで、休みの日はギャンブルに興じているなど、どうしても結婚相手としては妥協出来ない趣味などがあれば、恋愛相手に選ばないという人もいるようです。。

3.相手の家族も大きく関係してくる

8e49ce0afc5d2c5ca5de5ef7df62a0b2_s

恋愛は将来的な結婚につながると考えるアラフォー世代ならば、やはり、結婚する相手に何らかのハンデがあれば、ややこしいことには巻き込まれたくないと敬遠するものです。

例を挙げれば、相手の家族に何年も家に引きこもっている人がいたり、親に借金などの問題があったり、兄弟でいがみあっており、全く連絡もしていないような状況だと、結婚しても苦労するかも・・・という考えから、恋愛に発展しないことも良くある話です。

それに、自分の親の介護や相手の親の介護などの問題もありますので、ある程度の資産が結婚相手に無いとNGか、もしくは親もちゃんと仕事をしているか、病気はしていないかなども、恋愛をするかどうかを決める上では重要となるようです。

関連記事:40代女性は恋愛対象になるの?男性の本音を聞いてみよう!

37歳からの婚活 (扶桑社新書)

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone