彼もうんざり?!「重い女」にならないために気を付けるべき4つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ちょっと重いんだよね・・・好きな男性にそんな言葉を掛けられたらショックですよね。彼に尽くす健気な彼女だったはずなのに?

そんなことを思われないために、「重い女にならないために気を付けること」をご紹介します。

1.自分の意見を持とう!

persons-768683_960_720

何食べたい?あなたの好きなものでいいよ。

どこ行きたい?あなたの行きたいところならどこでも楽しい!

ここまで極端なら気付きやすいかもしれませんね。

でも、彼が「こう思う!」と言ったことに対して、「自分も正しいと思うから賛成する」のではなく、「賛成したら彼が喜びそうだから賛成する」「私たちは仲がいいから意見も一緒」などと無意識に彼に合わせるようなことをしていませんか?

自分で考えて自分の意見を主張できること、それが重い女にならないための第一歩です。

2.束縛しないこと!

m010138

今どこにいるの?何しているの?心配だから連絡して!

女性がいる飲み会には行かないで!もしくは私を連れて行って!

彼の行動を詮索したり、彼を束縛するような行動を取っていませんか?

ここまで極端なセリフでなくても、心配するような表情を見せたり、連絡がないと不満そうな態度を取ったり、無意識に彼に伝わっていれば同じことです。

彼を好きすぎるあまり不安になる気持ちはわかりますが、心配し過ぎて彼に嫌われるのは本末転倒、ほどほどにしましょう。

3.連絡の頻度に注意!

SAYA160312200I9A3531_TP_V (1)

電話やメールやLINEはもはや恋愛には無くてはならないツールになりましたよね。

こういったやりとりは頻度とテンションに注意が必要です。

あなたからはすごい頻度で、もしくはすごい長文でメールやLINEを送っているのに、彼からは短文で頻度の低いメッセージがくるだけ、なんてことはありませんか?

人によって心地よい頻度や長さというものが違います。

特に男性はコミュニケーションを深めるツールと言うよりは業務連絡的に使いたいと思っている人も多いようです。

相手に合わせた頻度や長さでやりとりするようにしましょう。

デートや電話の頻度、時間も同じです。彼に対する愛情が大きいばっかりに、彼の時間を奪いすぎていないかきちんと考えて行動するようにしましょう。

4.手間暇かけるなら事前に確認を!

PASONA160306450I9A2056_TP_V

クリスマスプレゼントは手編みのセーター!編み物はまだまだ下手っぴだけど、頑張って勉強して、愛情たっぷりこめて編みました!

栄養バランスが完璧!薄味で野菜たっぷり、ヘルシー夕食、作ったからね!頼まれてないけど!

部屋が散らかっているから、彼の留守中にあちこち磨いてピカピカにしちゃった!クローゼットや引き出しの中まで完璧です!

彼のために手間暇かけて何かをしてあげること、それは本当に彼のためになりますか?こういうことをされてうれしいと思う人もいるかもしれませんが、逆効果になることもあるんですよ!

でも手編みセーターはなんとなくダサい気がするし、何より重い、そもそもデザインや色が全く趣味じゃないしセンスを疑うわー、と思われてませんか?

こってり焼肉丼の気分だったのに、こんな味のない料理食いたくねーし!身体のためとかって、これを毎日食うくらいなら長生きできなくていいし!と思われてませんか?

留守中に掃除とか頼んでないし!かーちゃんきどり?嫁さんきどり?気持ち悪いし、モノがどこにあるかわからなくなったし、見られたくないものもあるのにデリカシーに掛ける!と思われてませんか?

彼に頼まれて必要があれば手間暇かける、という風にしてみては?







Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone