30代女性がお見合いパーティー・婚活パーティーに参加するときの3つの心得

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

30台に突入したのでそろそろ結婚したいな。出会いもないし、ここ数年彼氏もできていない、婚活といえばまず最初に行くのはやっぱりお見合いパーティーかな。

そんな女性に、お見合いパーティーに参加するときに気をつけたいことや知っておきたいことをご紹介しますね。

1.30代になってからだとちょっとだけ遅いかも?

あなたがもし今28歳とか29歳とかギリギリ20代で、「30代になったらいよいよ焦ってお見合いパーティーに参加しよう」と思っているのであれば、30代まで待たずに今すぐお見合いパーティーに参加したほうがいいです。

お見合いパーティーに参加する男性は良い意味でも悪い意味でも真剣に結婚を考えています。真剣に具体的に結婚を思い描いている男性が考えるのは、20代女性の方が、子供を持てる可能性が高い、ということです。

子供が好きで、真面目でしっかり将来設計ができている人ほどその思いが強いです。29歳と30歳なんてほとんど変わりませんが、30代より20代、という考えで仕分けてしまいます。20代であればかなり有利に動けると思った方がいいです。

すでに30代になってしまっている女性は、できるだけ早く勝負に出たほうがいいです。次のパーティーならもっといい人がいるかも、という考えで長期戦になってしまうことは、とても不利です。その辺をよく考えてください。

30代女性がパーティーで20代を敵に回すとプライドがズタズタになります。自分よりどの面でも劣っているようにみえる20代が次々と売れていくのです。

ですから、それに耐えられる自信がないのであれば、参加者の年齢に女性30歳以上などと制限をかけているものに参加するようにしましょう。耐えられる、プライドも捨てられる、というのであれば20代も30代も参加しているパーティーのほうが条件の良い男性が多いかもしれません。

年収が高い、人気職業についているような、婚活市場で高い評価の男性は、やはり20代女性のいるパーティーにいることが多いです。

1231231

2.品の良さや落ち着き、仕事のスキルで勝負しましょう

30代が20代より大きく不利であることはわかっていただけましたでしょうか。不利ながらもやはり20代でパーティーに参加する女性は少数。30代にもチャンスがないわけではありません。ただ、20代のような元気ハツラツ、キャピキャピした感じではどう考えても勝てません。

30代には30代の良さがありますね。品よく、落ち着いた大人の雰囲気を出しましょう。清潔感、透明感、落ち着きやおおらかさ、包容力などで勝負しましょう。

あとは仕事をしっかり続けるようなアピール、共働きを希望するのもいいかもしれません。男性の中にはある程度の生活レベルの家庭を築くのに、自分の年収だけだと少し少ないかもしれない、と危惧している人もいます。

このご時世ですので、自分が親から与えられた生活レベルと同程度の生活レベルを実現するには、自分一人分ではわずかに稼ぎが少ないという男性が多数派です。

パートタイマーでなく女性側も正社員でしっかり働く気があるのであれば、それなりの生活レベルに達することも期待でき、男性としては家族に対する体面も保てるのです。30代ですとそれなりにスキルがある女性が多いですよね。そこをアピールしてみるのもいいかもしれません。

看護婦や薬剤師など、ある程度の収入が期待でき、出産で一時的に仕事を辞めても、将来的にいつでもどこでも仕事復帰できそうな職業の女性が人気なのもそういった理由もあるようです。



3.今すぐ希望年収を大幅に下げてください

女性の婚活がうまくいかない大きな理由は「私は年収600万以上の人を希望する」などと年収で切ってしまうことにあります。バブル期ではないのですから、これはうまくいきません。

結婚適齢期の独身男性で年収600万の人は少ないので、ほとんど見つからないと考えてください。500万でもまだ高望みかもしれません。

確かに夫婦と子供二人の家庭を想像すると、最低年収600万は欲しい気がしますよね。しかし子供が二人生まれてその子たちが中学生と高校生くらいになるのはいったい何年後ですか?

それまでに二人の年収は多少なりとも上がりますよね。それまでにいくら貯められるでしょう。現在年収はあまり関係ないのです。

婚活中は、自分が300万、相手が年収300万で、世帯年収が600万というくらいを望んで行くとちょうどいいかもしれません。

出産を機に仕事を辞めたら年収300万円なんて、絶望的!考えられない!と思うかもしれませんが、各種手当もありますし、出産に向けて貯金もするでしょう。子供もできない、産まない可能性だってあります。

男性の年収は数年後には上がっていることも考えられますし、子供が3歳くらいになったらあなたも普通に働くとすれば、年収300万なのは数年程度、それだけ耐えられればいいだけなので、実はそんなに大変ではありません。

あなたが想像している「夫婦と子供が二人いる家庭で、年収600万くらいの生活を今している人」も、その多くは結婚当時の旦那さんの年齢は300万程度だったんですよ。

結婚時の旦那さんの年収、子供が二人いる四人家族のときの世帯年収、ごっちゃに考えないでくださいね。年収も家族構成も、生活に必要な金額も、日々変わるんです。

実は、年収よりもむしろ貯金能力・節約能力や、相手の親や自分の親の支援体制などが生活レベルを左右します。

夫が年収250万、妻が年収200万で、大きな新築戸建に住んでいる人は、蓋を開けてみると奥さんの方の親が多額の頭金を負担してくれた、なんて実情があったりするんです。

かたや年収800万の男性と結婚してみたら、勤めていたベンチャー企業は業績が悪くなり、夫がギャンブルでどんどん妻の貯金を消費し、買った高級マンションのローンも払えなくなり、借金まみれになったあげく離婚、なんてこともあります。

年収は無視するくらいでかまいません。趣味や普段の生活など、年収に見合ってない大きくお金のかかる生活をしていないか、そちらを気にした方がいいかもしれません。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone