しばらく恋愛してなかった「恋愛ごぶさた女子」が結婚したいときにすべき5つのこと

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

そろそろ結婚適齢期にさしかかって、もしくはちょっと適齢期を過ぎてしまって、良く遊んでいた女友達もみんな結婚したし、私も結婚したい!

でもそういえばここ数年恋愛なんてしてなかった。長いこと彼氏がいなかっただけでなく、誰ともデートすらしていない!

「いざ婚活!」と意気込んだものの、出会ってもデートのしかたもわからないのにどうしたらいいの?

そんな「恋愛ごぶさた女子」はリハビリが必要ですよね。オロオロしてばかりでは前に進めません!何からスタートしていいかご紹介しますね。




1.ファッションやメイク、ヘアスタイルを男性ウケするものに

何年も恋愛にごぶさただった女性には以下のどれかの傾向がある場合が多いです!

(A)おしゃれに無頓着で、身だしなみレベルもきちんとできていない。家族や親友から見てもダメダメ。

(B)おしゃれに多少興味はあるものの好みに柔軟性がなく、7-8年前くらいに流行ったものを着ていたり、ファッションと年齢層が合っていなかったり、ちょっと古臭い感じがする。センスのある人から見るとダメダメ。

(C)おしゃれに大変興味はあるものの、「女性から見たオシャレ」や「自分の個性」に偏ってしまい、男性からはウケが悪い方向に突っ走りすぎている。女性からはセンスがいいとは思われるものの、男性からは好まれない。

f2041638d36bb6846c33b895c42c589c_s

(A)の場合は今すぐデパートに行って、デートができるくらいのコーディネートを一式を買いそろえてください。店員さんにアドバイスをもらい流行りを聞き、手伝ってもらいましょう。

(B)の場合、本人は気づいていないことがあります。数年前この服装はアリだったから、こういうの今も好きだし、私らしくていい、とか思ってたりします。たまに電車とかでちょっと痛々しい年齢や流行を超越した悪目立ちしてるファッションの人、見かけませんか?あれに近づいていますよ。センスのある友人にアドバイスしてもらいmしょう。

(C)の人はたぶん、気付いています。オシャレだけど、男ウケは悪いことに。そして、男ウケのいいファッションも知っているけど、私らしくないし、似合わないと思っています。ここは変に矯正する必要がない場合もありますし、人それぞれですね。

男ウケのいいファッションのほうが、モテるのでたくさんの中から条件のいい男性を選べるかもしれません。個性的なファッションだと、モテませんが、レベルはそれなりだけどそのファッションが好きな人と出会えるかもしれません。自分のファッションに妥協するか、男のレベルに妥協するか、どっちか、とも言えます。




2.恋愛や結婚の苦労話を真に受けない

女子の友人たちで集まると、既婚者もいれば独身で彼氏がいる人もいますね。自分自身が「恋愛ごぶさた女子」だと、参考にするのはその友人たちの恋愛事情だったりしていませんか?

女性が大勢集まると、女子にありがちな愚痴や噂話、たくさん出てきますね。恋愛の苦労話やひどい男の話、誰それが離婚した、あの子の彼が浮気した、結婚生活に対する不満や彼の悪口が続々出てきませんか?

そしてその話を総合すると、「恋愛怖い!男性怖い!つらい思いをするならしなくてもいいかな」「結婚つらそう!相手は吟味に吟味を重ねなきゃ」という感想が出てきちゃったりします。

自分が「恋愛ごぶさた女子」なばっかりに、そういう話ばかりが何年も耳に入ってくるので、恋愛にどんどん奥手になったり、恐怖になったり、慎重になりすぎたりしてしまうんです。

ものすごい過去かもしれませんが、恋愛していた頃を思い出してください。友人たちの前では彼のちょっと愚痴などを言っていたかもしれませんが、それ以上に喜びや楽しいこともあったはずなんです。

愚痴や不満を言っている友人たちも、それ以上に楽しいことや素敵なことがあるから別れずに続いているんです。別れた人たちも楽しい時期があったはずなんです。

愚痴や悪口が多いのは女子同士の話が盛り上がるから、のろけ話じゃ盛り上がらないし、大切なことは胸にしまっておきたいのかもしれません。愚痴の向こうに大きな幸せがあることも頭において聞きましょう。

恋愛では悲しい局面やつらいことがあるものの、それを上回る喜びがあるからこそ、みんな恋愛したり結婚したりするんですよね?ビクビクしてばかりでなく、いいこともいっぱいあるはずだと、わくわくドキドキしながら前向きに進めないと、いい恋愛や結婚なんてできるはずもありません。

a67417fd2311db2524954b9dbb40c43b_s

3.愛情があふれ出て別の方向へ・・・取り戻して!

最近どきどきしてないなーと、リハビリがてらに、恋愛小説やマンガ、恋愛ゲームに入り込んだりしていませんか?

もしくはアイドルや俳優などのイケメンに恋した気分になっていませんか?

もしくは猫や犬などに惜しみない愛情を注いじゃったりしてませんか?

もしくは暇だからと趣味にものすごく時間やお金を費やしていませんか?

結婚適齢期というのは生物学的にも夫や自分の子供に様々な労力や愛情をそそぐ時期ですから、そんな時期に恋人もいないと、「愛情があふれ出て注ぎ先がない状態」に陥っています。

そして間違った方向にそれを全て注いでしまうと、いざ恋愛にすすめとなったときに注ぐ愛情もパワーも残されていないので、うまくいきません。がんばったら恋人になれたかもしれない相手でもちょっとのことで諦めてしまたり、男性そっちのけでペットやアイドルに夢中になってしまったり、そもそも時間を取られたり。

f02c1663a3e4865ad98fcc263ddae562_s

恋愛にはパワーが必要です。未来の結婚相手のために、愛情やパワーを残しておいてくださいね。

4.仮想恋愛でなく実戦を積みましょう

「愛情があふれ出て注ぎ先がない状態」に必要なのは別の注ぎ先でなく、実際の恋愛に、愛情やパワー、お金や時間を注ぐことです。既にあふれ出ているので恋愛に集中すれば、最終的にはうまくいくんです。

恋愛小説やアイドルで脳内恋愛をしている場合ではないのです。もちろん脳内恋愛と違って悲しいこともあります。でもうまくいけば仮想恋愛よりずっと幸せです。ちょっとのことで落ち込まないで、数をこなしていきましょう。

「恋愛ごぶさた女子」なので初めからすべてうまくいかないのは当たり前。ごぶさたしてなかった女子にはかないません。でもとにかくたくさんのデートを重ねて男女間のコミュニケーションの仕方を取り戻していけば、ちゃんと恋愛モードに戻れます。

ちょっとつまずきそうになると、恋愛テク本を読んだり友人に相談したりしてませんか?そんなの実戦で失敗を重ねて学ぶものです。必勝法なんてありません。そんなのあなたの性格や相手の性格によって違います。自分で失敗しながら学びとってください。




5.相手を幸せにしようと考える

恋愛や結婚は本来とっても幸せなこと、とはいいましたが、何もせず寝ていても相手がどんどん幸せを運んできてくれる、というような都合のいいものではありません。

幸せとは、二人で、結婚して子供ができたら家族みんなで、一緒に作っていくものです。「幸せにしてもらえない」だと不満になります。絶対相手を幸せにしてやる!くらいの意気込みで頑張ると、大きくなって跳ね返ってきますよ。

恋愛を結婚生活を楽しめるようになってくださいね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone