聞きたいけど聞きにくい!教えて!街コンの裏事情!

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

街コンに行ってみたいけど心配な点がいろいろあるあなた!会費や仕組みは調べたらわかるけど、調べてもわからない本音のところありますよね。

本当のところどうなの?という街コンの裏事情や参加者の本音、聞いてみましょう!

a0002_002251

1.参加者の年齢層ってどうなの?若い子ばっかり?

30代女性にとっては結婚を真面目に考える真剣な出会いの場。若い子にとっては恋人探し、いきなり結婚とか言われても重いし!そんな大事な年齢層。

さすがに10個以上の年齢差があれば、雰囲気や盛り上がり方もかわってくるもの。事前に知っておきたいですよね。そしてできれば同年代が多い方がうれしかったり。

ある程度「20代のみ」とか「30代中心」とか限定してくれている街コンもありますが、それ以外だと、もちろん「時と場合によります」なんですが、おおまかな傾向があるようです。

「開催される場所」や「主催者」によって傾向がみえてくるみたい。

まず、「開催される場所」で考えると、都心部は若者が多く、郊外の街コンは30代が多い、という傾向があるようです。

また、「主催者」による傾向を見てみると、業者の開催する街コンは若者が多く、自治体が開催する者は年齢層が高く、商店街や地域の有志によるものはその間くらいという傾向があるようです。




2.女性は飲食目的、男性は軽い遊び目的が多い?

一般に街コンや他のお見合いパーティーなどもそうですが、女性の参加費がかなりお安く設定されていることがありますよね。安く飲食できる点で、とくに出会い目的でなく軽い気持ちで来ている女性もいるようです。

こういった飲食メインの女性が少ない街コンに参加するには、ある程度女性の参加料が飲み代程度にはなるような値段のものに参加するのがお勧めです。

逆に、女性は真剣に長く付き合える恋人や結婚相手を探しに来ているのに、男性側はキャバクラ感覚、安く飲めてちょっと女性とも遊べてあわよくばお持ち帰りしたいという、遊び目的の男性も気になりますよね。

こういう遊び目的の男性に騙されないためには、とにかく軽くついていかずに先送り、先送りすることです。

LINEを交換するくらいはいいですが、当日は街コンの後の2次会などについていかない。後日の二人きりのデートも、最初はお茶だけや明るい時間帯だけにする。家に行くなど、親しい行動をとるまでにデートを複数回重ねてから、などです。

見た目がチャラい男はすぐ見分けられるかもしれませんが、真面目を装って長期間だまして、実は妻帯者だったりなんてこともあります!注意してくださいね。

a0002_007002

3.残りものばかり?地雷が多い?

ぶっちゃけ参加者のレベルはどうなの?というところ、気になりますよね。

素敵な異性がいるんだろうか、街コンに行かなきゃ恋人ができない、つまり恋愛に縁がない人、結局は、見た目が悪い、性格が悪い、致命的な欠点があって今まで恋愛がほとんどうまくいったことがない、など、ちょっとお付き合いしたくないような人ばかりが集まっているのでは?

そんな疑問もありますよね。ただそれをなかなか聞けないのは自分も参加を検討しているから、同じ参加者同士ですもんね。悪く言ったら悪く言われる、自分はどーなんだ、ってなっちゃいますもんね。

その実態ですが、確かに男女ともに「ああ、売れ残ったんだな」という残念な感じの人々が一定量いることも確かなのですが、実は中には掘り出し物的な、ずば抜けて素敵な人も混ざっていることも!そしてもちろん「普通」の人もいます。

見た目も性格も良い人たちって、意外と高嶺の花すぎて手が出しにくく残ってしまったり、若いうちにモテすぎたせいで、当然今頃結婚してるだろうと射程圏内から外れていたり、自信過剰で自分勝手な人たちに言い寄られてストーカーなどのひどい目をみていたり、など、他の人たちとはちょっと違った理由で売れ残っていたりするものなんです。

そんな掘り出し物を見つけるもよし、庶民は庶民同士「普通」は「普通」同士でつながるのもよし、「ああ、売れ残ったんだな」という残念な人たちの中から自分にしか見いだせない素敵な個性を発掘するもよし、いろんな人たちがいますのでご安心を。




4.サクラや既婚者も混ざっている?

これは心配になるところですよね。せっかくいい感じの人をみつけたのにサクラや既婚者なんてガッカリですよね。

お見合いパーティーだと既婚者を禁止していたり、結婚相談所のパーティーだと入会時に独身を証明できる役所の書類を提出して確認していたりしますが、街コンは残念ながら禁止していないことも多いようです。

恋愛以外の出会いつまり、地域での事業などにつながる場合はもちろん街のためになるわけですし、飲食店が儲かるか否か、街が盛り上がるか否か、が基準だったりするので、明確には禁止していないんですよね。

そして既婚者というのは精神的にちょっと余裕があるのでかっこよくみえてしまったり、うっかり数少ない既婚者にひっかかってしまったりするものです。

基本的なところですが指輪を確認。右手に付け替えてたりもしますのでそちらもチェック。それでも外していたりするんですよね。それから初めに直球で聞きましょう。「彼女いますか?」「既婚者ですか?」仲良くなる前に聞いておきましょう。

そして仲良くなってしまってからは、二人きりのデートのときに、免許証を見せてくれるか、名刺をくれるか、などを確認!本気で騙すつもりの人、そのうち音信普通になろうと企んでいる人だと偽名を使っていたりすることも。

会社や自宅がわかっているといつでも「会社に電話してみる」「住所から家に押しかけてみる」などの行為ができる状況になるので、やましいことがある場合は見せるのを拒むケースがあります。

というわけで既婚者はなかなか見分けがつかないことも!時間をかけてチェックするしかないんですね。

a0002_002239

サクラはそれに比べると意外と簡単です。LINEや電話番号を交換してくれなかったり、あまり出会いに熱心ではなかったりするからです。デートまでこぎつければサクラではないのでさっさとデートに誘っちゃいましょう。

最終的にカップリングをする婚活パーティーとは違って、街コンに関しては1回の街コンで一人しか選べないわけではないので、たくさんデートに誘っちゃえばいいんです。一人ぐらいサクラが混じっていても気にしないで突き進みましょう!

サクラがいるかいないかですが、やはり人が集まらないと街コンそのものが成り立たなくなったりするので、いることもあるみたいです。

ただ、サクラといっても人が足りないから地元の女子大生をとにかく連れてこよう!と行った感じで、ビラを配って集めたり、過去の街コン参加者に一斉メールしてきてもらったり、というパターンが多数なので、多少他の参加者よりは参加費を割り引いてもらっていたりはするかもしれませんが、口説けば落ちることもあります!




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone