文字だけで落とす!片思いから両想いになるためのメール・LINEテクニック5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

メールやLINEはすっかり必須のコミュニケーションツールになりましたね。
恋愛においても重要な役割をはたすようになりました。

カップルや夫婦の連絡手段はもちろん、片思い中の彼と気軽に交流するために使うにも便利です。
電話や直接会っての会話より、緊張も少なく、受け答えのひとつひとつについてしっかり考える時間があります。

ただ、メールやLINEだからよいこと、電話や直接の対話だからよいこと、それぞれ一長一短です。
モテる女性はそれぞれをいちばんいいタイミングで効果的に使っていたりするのです。

メールやLINEなどの文字を使ったコミュニケーションにはコツがあります。
便利なツールだからこそ、上手に使ってあなたの恋を良い方向に進めるようにがんばりましょう!

1.返事がないことにアレコレ悩まない

直接会っての会話で、話しかけているのに無視されたらそれはショックですが、メールやLINEで返事がないだけで「無視された」「何か気に触ることを言ったかな」「私のことなんて興味ないのかも」などといろいろ考えすぎて、イライラしたり、オロオロしたりする女性が結構いるようです。

メールやLINEは暇な時間にだけ読んだり打ったりする、ある程度まとめて返信する、というようなタイミングや利用頻度や人によって様々です。友人とのLINEは適当でいいから高頻度で交流するけど、気になる女性とは失敗したら困るから塾考してから送るようにしている、というパターンだってあり得るのです。ちょっと返事がないだけでアレコレ考えるのは止めましょう。

イライラやオロオロなど焦りや不満が相手への文章に知らず知らずのうちに反映されてしまったりします。気にしない。郵送した手紙の返事を待つつもりで気長に待ちましょう。

2.相手の名前を入れる

単なる挨拶でも「◯◯さん、おはようございます」。などといちいち名前を入れるようにしてみましょう。このとき、少し親しくなってきたタイミングで下の名前で呼んでみたり、ニックネームなどをつけたりするのも親密になれる手段です。

ニックネームは他の人が呼んでない二人の間だけで使うあだ名をつけるとさらに効果的です。ちょっと難易度が高いですが、少し親しくなってきたな、と思ったタイミングで試してみてくださいね。

名前やニックネームは無意識的に、「他でもない自分への連絡だ」という、親しみを感じるようになります。これは無意識下で進むのですが、徐々に距離を縮められます。1回のやりとりに何度も何度も不自然なほど入れる必要はありませんが、不自然にならない頻度で意識的に入れるようにしましょう。

mail

3.絵文字や顔文字を少なめに効果的に

絵文字や顔文字、流行り言葉などをがっつり盛り込んだメールは、人にも寄りますが、多くの男性にはあまり印象がよくありません。逆に文字だけだと、それはそれで堅苦しい、仕事みたい、と思われてしまいます。

文章の長さにもよりますが、1つか2つ、効果的に使ってみましょう。そしていつもニコニコマークをつけるようなタイミングで、ここぞというときにハートマークをいれる、など、「いつもの絵文字」と「ここぞというときの絵文字」を使い分けましょう。

「あれ、今日はハートマークだ、珍しい」と気づいてもらう必要があるので、いつもいつもごちゃごちゃさせてはいけません。「遠回しに好意をつたえるとき」や「やっとデートに誘ってもらってすっごくテンションが上がっちゃった」など、いい感じのときに使ってください。

4.楽しいやりとりを心がける

女性同士だと愚痴や悪口で盛り上がったりして、それが交流を深めたりストレス解消になったりしますが、男性へのメールにそういったネガティブなことを書くのは止めましょう。ポジティブで楽しいやりとりが多ければ自然に「この人とのやりとりは楽しい」とインプットされていきます。

愚痴などは付き合ってからならいいですが、片思いのうちはちょっとひいてしまう男性もいます。相手がどんな状況でそれを読むかわかりません。仕事で大失敗して落ち込んでる日に、どうでもいいようなちっちゃい悩み相談なんかのメールがkきたら、ちょっと面倒、こっちはそれどころじゃない、と思いますよね。

ポジティブなメールならどんなときに読んでも悪いことはありません。元気になれるようなやりとりを心がけましょう。

5.ちょっと物足りないくらいが丁度いい

彼のことをもっと知りたい、自分のことをもっと知ってもらいたい、その気持ちが強すぎてあれもこれもメールやLINEで語り尽くすのは実はあまりよくありません。ちょっと物足りないくらいで抑えておいて、実際に会ってもっと詳しく聞きたい!というふうに思わせないと進展がないのです。

「今日すごいことがあったんだけど今度会った時話すね」「今気になっていることがあって、今度相談に乗ってください」など、デートや会う約束などにつなげることがメールやLINEの役割だと考えましょう。

あまりにメールやLINE中心になってしまうと、そこでなんだか完結した感じになっていまい、メル友でいっか、ということになりかねません。もっと知りたいから今度はLINEやメールでなく、電話で話したい、直接会って話たいと思わせることが大事です。

いろんなネタを小出しにして完結させずにおくのです。デートになったときに緊張して会話が続かない、なんてときに、メールやLINEで後回しにしていた内容を話したりすることができるので、その後のデートでも役立ちます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone