婚約破棄をして本当によかったと思えるエピソード3つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

大好きな人と結婚をしようと決め結婚間近までいったにも関わらず、結婚することをやめて婚約破棄をすることに。

婚約破棄直後は元婚約者への思いを断ち切ることや両親や親族、周りの人へ掛けた迷惑などで心がズタズタになっている方もいます。

それでも婚約破棄をして本当に良かったと思えるエピソードを紹介します。

1.婚約者からのDV(ドメスティックバイオレンス)

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

お付き合いをし結婚へが決まっていく中で、彼が何か気に入らないことがあると彼女に対して暴力を振るうということがありました。

最初は結婚式の段取りについての意見の食い違いからこの暴力は始まりました。次第に彼の機嫌の良し悪しでその暴力はエスカレートすることとなります。

彼女が提案をした飲食店の食事が料理がおいしくなかったからという理由や待ち合わせ時間に3分ほど遅れたということ、彼自身の仕事の段取りがうまくいかなかったということで彼女は暴力を振るわれました。

暴力がエスカレートすることで彼女は実家へ戻り、婚約破棄となりました。結婚後もDVは続いたでしょう。決して幸せになることはできなかったはずです。婚約破棄をして本当に良かったです。

2.彼がマザコンであった

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

お付き合いをしている時には気づかなかったことですが、結婚の段取りをする中で式場や住まいなど二人で決めなくてはならない大事な場面となると彼が「母さんに聞いてみる」を必ず連発するようになりました。

幼いころから母親に確認をして判断してもっていたそうです。

それだけではなく、風邪薬は何を飲むべきか、今日の料理は何を食べるのがいいか、明日のネクタイはどれにするのが良いか、傘を持っていくべきか否か、車の車種はどれがいいか…これらすべて自分では判断できず母親頼りでした。

「そろそろ自分でなんでも決めないといけないと思う」と言った彼女。

それから数日後、「母さんが君との結婚はやめなさいって言うから結婚はできない」と言い出す始末。

結婚をしてもすべて母親に判断を頼ることは変わらなかっただろうマザコン男子。大切な結婚や婚約破棄の判断も母親次第です。

彼女の幸せのためにも婚約破棄をして大正解でした。

3.彼がギャンブル好きだった

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

彼とのデートでは行ったことがなかった場所。それは競馬場や競輪場、競艇、そしてパチンコ屋さんです。

まさかこんなにどっぷりギャンブルが好きだったとは想像もしませんでした。それは結婚が決まるまで彼女が知らなかったことです。

休みの日は、競馬場や競輪場に入り浸り、新台が入荷する日は早朝からパチンコ屋に並ぶという彼。その姿を知ってしまい、さらに彼には貯金どころか借金があることが判明しました。

その借金の理由はギャンブルでした。これを機に婚約破棄となりました。ギャンブルにはまり借金を続けるのでは幸せな結婚生活を送ることができません。

婚約破棄をして本当に良かったです。

まとめ

9ef2979114576aa166da7a1c4a2ac706_s

これらのエピソードはすべて私の友人、知人の体験談です。婚約破棄直後はかなり憔悴し誰とも会うことができない状態でもありました。

しかしながら、「時が解決をする」ということもあります。

そして何よりこの辛い経験をしたからこそ試練を乗り越える力をつけ、男性を見る目が鍛えられ、そして最愛の人とめぐりあうことができるのです。

このエピソードの女性はその後みな最愛の人と出会い結婚をし幸せな家庭を築いています。お互いのことを大切に思いあう無償の愛をもつことで本当の幸せな結婚生活ができますよ。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone